レビュー記事の書き方と例文。最低限ここまで書けないと稼げるわけがない

目安時間:約 29分

もう一つのブログに、こんな記事を投稿してみました。

 

 

ちょっと思う事があって、

「ほけんの窓口」に行って来ました。

 

CMもやってるアレです。

速水もこみっちゃんがやってるヤツです。

 

「思う事」と含みを持たせましたが、

ただ単に前を通りがかっただけなんですけどね。笑

 

 

私のメルマガを前から読くださってる方は

ご存知の方も多いんですが、

実は私の父は今、ガンを患っています。

 

まあ3回目なんで、

特に何かする訳でもなんでもないんですけど

ただやっぱり気になるのがお金の問題。

 

結構かかってるらしいんですよ。

父の場合は保険からかなりお金が出てるので、

母曰く、家計には全く影響が出ていないようなんですが、

でもこれって、人ごとじゃないなーと、

最近思い始めました。

 

 

もし私が父ぐらいの年齢になった時に、

同じようにガンになってしまったら…

 

しかもタチの悪いガンで、

お金が億単位とか、アホみたいにかかってしまったら、

金銭的負担に耐えられるのか…

 

お金が足りないだけで、

受けられない治療もあるんじゃないのか…

 

 

私はこのような不安を漠然と持ってましたが、

あなたも同じような不安って持ってないですか?

 

でもキッカケも無いし、

誰に聞いたら良いのかも分からないし、

何聞いたら良いのかも分からないし、

行くのすらもめんどくさいし。

 

そのあたりの相談も兼ねて、

ふと通りがかったほけんの窓口に突撃してきました。

 

 

まあ昨日飛び込みで入ったら、

「予約制です。」って断られてしまったんですけど。笑

 

でも翌日の今日、偶然1枠だけキャンセルが出たらしくて、

その場で予約させてもらいました。

 

もしこれで来週しか空いてないとかだったら、

たぶんめんどくさくて、またしばらく行きません。

何事も、勢いって大切ですね。

 

 

保険の種類は大きく分けて3つある。

 

さてここからは、

教えてもらったことを整理していきます。

 

保険と言うと、なんか色々と難しそうですよね。

資料請求をしてもガサッと送られてくるだけで、

いまいちよく分からないですし。

 

 

それをそのまま担当さんにぶつけて見たところ、

非常にシンプルで分かりやすく教えてくれました。

 

保険と一括りに言っても、

火災保険やら自動車保険やら、

色々とあります。

 

ただここで私が言う保険とは、

いわゆる生命保険だけをさします。

 

複雑そうな生命保険ですが、

色々な組み合わせがあるだけで、

実は基本はこの3つ、

 

・定期保険

・養老保険

・終身保険

 

だけしかありません。

 

 

定期保険

 

保障が一定期間内、だいたいが60歳の定年まで設定します。

毎月ずーっと支払い続けますが、基本的には掛捨ですので

満期の60歳までに何か事件が起こらない限り、

1円も戻ってきません。

(解約しても返ってきません。)

 

私の場合、月に3万円の支払いにした場合、

60歳になるまでに死亡すると1億2千万ぐらいもらえるようです。

(受取人が。)

 

感覚的には万馬券に毎月3万円賭け続ける、って感じでしょうか。

 

 

養老保険

 

こちらも一定期間内の保障になります。

60歳を満期とした場合、その前に死亡すると、

満期まで支払った額ぐらいがもらえます。

 

でも60歳を越えると保障は消えます。

 

毎月3万円支払った場合、

だいたい1000万円前後ってところですね。

1億円までは貰えません。笑

 

ちなみにこちらは積立型ですので、

60歳の満期になると支払った金額前後を返して貰えます。

途中で解約しても返ってきます。

 

あと、満期保険金ってのも貰えます。

こちらは、満期までよく頑張って生きたねー。

みたいなお金です。

 

 

終身保険

 

最後に終身保険ですが、こちらは60歳を超えても、

いつまででも保証があります。

しかも支払いは60歳までで、その後は必要なくなります。

 

また、解約したらちゃんとお金も返ってきますので、

貯蓄性もあるんですね。

 

ただこちらも1億円も貰えなくて、

支払った額ぐらいしか貰えません。

 

保険料も養老保険ほどは高くはないんですけど、

割高に設定されてるらしいです。

 

 

 

ちょっと文章じゃ分かりにくいですよね。。。

 

保険屋さんのサイトで、分かりやすい画像があったので、

よかったら参考にしてみてください。

→http://www.sumitomolife.co.jp/lineup/mirailabo/1minute/donna03.html

 

 

保険の決め方・考え方

 

考え方としては、これらの生命保険のメリットデメリットを、

どのように考えるか?でしょうか。

 

死亡した時のお金は、定期保険が突出してますね。

でもこれは、基本的には捨てるお金と考えた方が良い感じです。

家計に余裕があるなら入っても良いのかも。

 

あとは、例えば旦那さんが仕事のストレスで

もうそろそろ死にそうだったら、笑

定期保険をガツンとかけて、

2億とか3億とか貰えるようにしておいたり。

 

火曜サスペンス劇場的な使い方でしょうか。笑

 

 

まあ普通の家庭は、

養老保険か終身保険を選ぶんでしょうね。

 

そんなに大金は期待せず、

旦那さんに何かあってもギリギリ生きていけるだけの

お金に設定をしておく。

 

あと、老後のための貯蓄目的なら養老保険にしておく。

 

男側の考え方としたら、

老後何かあった時に奥さんとか子供のために

少しでもお金を残したいなら終身保険って感じなのかな?

 

 

後はガンになった時に

どれぐらい治療費で出して貰えるかとか、

先進医療を受けられるようにするかしないか、

どこまで付けるかって感じでしょうか。

 

 

私は今死んでも大丈夫。笑

 

ちなみにですが、

仮に私に現在、子供や奥さんが居てたとしても、

今死んでも大丈夫だそうです。笑

 

 

と言うのも、19歳の時に

両親が生命保険に入れてくれてたんですよ。

 

押入れの奥底から引っ張り出した書類だと、

細かいことまでは分からないんですけど、

とりあえず1000万円も貰えらしいです。

 

この1000万円と、あとは多少の貯金やら

なんやらかんやらを合わせれば、

子供が成人するまでの生活費、学費はなんとかなりますよ、

って言われました。

 

病気にならずにぽっくりいけば、

高額な治療費とか掛からないので、

むしろ良いって事ですね。

 

 

子供一人を育てるために必要なお金って、

いくらかご存知ですか?

 

都内だと認可外保育園に入れて、

小学校は公立、

中学高校は私立、

大学は国公立にした場合、

約2500万円必要だそうですよ。

(塾のお金とかも入れて。)

 

その他いろいろと掛かることを考えたら、

3000万円は一人ってことですよね。

 

 

これが2人、3人になってくると、

恐ろしい金額にですね。。。

 

いやほんと、

自分もそんなにお金が掛かったんだと思ったら、

親に感謝しないと。

 

まあ専門学校だけは自分で奨学金を払ってるんですけどね。

 

って事は私は2000万ですか。

それでも凄い金額です。

 

 

ちょっと話が逸れましたが、

私の場合は安いながらもガン保険も入っているので、

あとは先進医療とかを追加するかどうかって事でしょうね。

その辺りは次の相談の時に色々と教えてもらおうと思ってます。

 

 

このガン保険も、父親の家系がガン家系だからって事で、

母親が入れてくれてたようです。

 

しかも社会人になって自分で払い出しても、

そんなに負担にならない金額で。

 

なんか今ようやく、親の有り難さが分かってきました。笑

 

 

過去の病気、保険会社はどのように判断するのか?

 

 

ちなみにですが、

私は4年前の離婚の時に、

心療内科に通った事があります。

 

だから今から保険に入れるかどうかは、

分からないと言われました。

 

その時に診断書も出してもらって、

処方箋も出してもらったので、

診断内容を保険会社がどう判断するのか?

ってのが気になるところですね。

 

条件を付けられるのか、

保険料が上がるのか、

もしくはそもそも入れないのか。

 

 

まあもし入れなかったとしたら、

頑張って稼いで貯金を増やせ、

というお告げなんだと思います。

 

 

保険会社ってどうやって利益あげてるの?

 

 

普通は知ってるんだと思いますが、

私は無知なので知りませんでした。笑

 

なのでどストレートに、

「保険会社って、どうやって稼いでるんですか?」

って聞いてきました。

 

 

教えてもらった答えは、運用益との事でした。

 

 

保険に加入した人のお金を運用して、

それで利益を得る。

 

だから養老保険や終身保険のような、

解約返戻金を支払っても、

しっかりと利益が残るとの事。

 

 

じゃあ保険会社は損ってしないの?

って聞いたんですが、

最低保障利率とかがあるらしいですね。

 

 

じゃあ、もし大損をして保険会社自体が

倒産したらどうなるのか?

 

これに関しては、他の保険会社が

引き継いだりとかするそうです。

 

ただその場合には、

解約返戻金が多少は下がってしまう恐れは否定できない、

との事。

 

 

あとは、

「お金があるうちに纏めて支払うとかってアリ?」

ってのも聞いてみました。

 

「それはアリ」との事でした。

 

銀行に眠らせてるお金があるなら、

保険会社に運用してもらった方が良い、

って事なんでしょう。

 

怪しい仮想通貨とかに突っ込むよりは、

よっぽど健全です。笑

 

 

この考え方が、

経営者がよくやるような税金対策なんでしょうね。

ようやく少し理解が出来ました。

 

 

 

今日のメルマガ、

いつもとは全然違う内容になりましたが、

どうでしたでしょうか。

 

私と同じように保険とかから逃げてた人にとっては、

ちょっとは勉強になったでしょ?

特に結婚してて、子供がいる方にとっては。

 

 

保険って、ほんと難しい感じがしますよね。

 

だから「忙しいし」を理由に、

いつまでも逃げてしまいがち。

 

 

まあでも素直に「分からないので教えてね。」

ってプロに聞いたら、わかりやすーく、

細かく教えてくれるって事ですね。

 

わかりにくい教え方してくる人は、

保険を売りたいだけの営業マンなので、

全無視して、担当を変えてもらったら良いだけですし。

 

まだ私も初めて調べ出したところなので、

理解不足や不備も色々あると思いますが、

その点はご勘弁を。

 

疑問点などがあったら、

プロに聞いてみてください。

 

 

ちなみにですが、

保険の窓口はなかなか予約が取れないです。

特に都心の場合には。

 

ですので代わりに別のところも探してお勧めしますね。

相談して、色々と親身になって教えてもらいましょう。

 

もし合わない担当がついてしまったら、

「担当変えて。」の一言で、後腐れなく変えてもらえるところを探します。笑

引用元:https://businesslife.jp.net/2193.html

 

 

 

 

で、なんですが。

 

 

この私の記事、メルマガでも流してブログに転載したんですけど、

レビュー記事としては少しは使えると思いませんか?

 

難しい説明を自分なりにシンプルにして、

例を入れたり、自分の状況を書いたり。

 

 

例えばこの内容をブログにそのまま転記したら、

私と同じような人にはドンピシャで刺さるはずです。

 

まだまだうっすい内容なので、

不足してる事も多々ありますが、

ASPにある保険案件を紹介しておけば、

何かしら決まりますよね。

 

今回私が相談しに行った保険の窓口の案件が

もしASPにあったなら、それを載せれば完璧ですよね。

 

無かったとしても、

「保険の窓口はなかなか予約が取れないから、

代わりにここお勧めしますね。

相談すれば、色々と親身になって教えてもらえますよ。」

的な紹介すれば、かなりの確率で決まりますよね。

 

 

保険系の案件は資料請求だけでも

2万とか3万とかアフィリ報酬がもらえるものもあります。

 

これが月に10件申し込まれたら、

それだけでも20万とか30万の報酬になります。

 

 

美味しくないですか?笑

しかも自分の勉強にもなるし。

 

 

私は記事を書くのは大っ嫌いです。

だってめんどくさいじゃないですか。笑

 

でもメルマガを書くのは大好きです。

どんなこと書いても、誰からも怒られませんから、

自由なんですよね。

 

こんなにもレベルが低い、うっすい内容でも、

グーグル先生から怒られたりしませんし。

 

 

だからこの内容をメルマガにしたように、

体験した事を書いて配信するのなら、

「良いネタ出来た!」的な感じで、

頭の整理も兼ねてチャチャっと書けます。

 

時間にして30分ぐらいでしょうか。

 

 

ただこのレビュー内容って、

記事としては最低レベルって事は認識してください。

全然濃い内容でもなんでもないです。

 

 

私のところに、

「記事は徹底的に作り込めって教えられたんですけど…」

「濃い記事ってどんな記事ですか?」

ってしょっちゅう相談を頂きます。

 

この手の悩みを持ってる方って、

このぐらいまで記事を書いた事ってありますか?

 

ここまでで5000文字ほどなんですが、

ここまでの文字数の記事を書いたことってありますか?

 

無いですよね?

じゃあ無理です。稼げません。

 

 

このレベルの記事が書けない人は、

アドセンスすら無理です。

 

ブラックじゃない、

ホワイトハットなブログ運営なんて絶対に無理。

サイトアフィリなんてありえません。

 

 

自分で記事を書きながら、

完全ホワイトハットで数十万、数百万稼いでる人の

サイトやブログって見たことありますか?

 

その人たちって、

もっと徹底的に記事を作り込みますよ。

画像もガンガンに入れていきます。

 

 

徹底的に濃い記事を書く場合って、

文字数なんて、普通に一万文字とか越えていきます。

 

今日の私の記事だって、そこまでやってないでしょ?

だって超素人目線の記事ですから。

 

 

画像なんてめんどくさいから、

他のサイトに飛ばせば良いかなー、

って感じでリンク貼りますし。

 

時間も全然かけて書いてないですし。

 

 

前からずっと私は言い続けてますが、

何事も徹底的にやる事が大切だと思います。

 

「良い記事を書いて稼ぎたい」なら、

読む人が見やすく分かりやすい、為になるように、

徹底的に記事を作り込む。

 

とりあえず稼ぎたいだけなら、

上位表示させる事だけを意識して、

徹底的にキーワード選定を磨き上げる。

 

 

稼ぎ方なんて色々あります。

どうやってでも稼げれば良いですよね。

 

中途半端にあれもこれもと拘らず、

何か一つ、自分が得意な事だけを

徹底的に磨きましょうね。

 

 

 

追記

 

 

この記事の内容を、

「ほけんの窓口に相談行ったよー。」

「難しそうだからって、今まで逃げまくってきたから、

恥ずかしげもなく色々聞いてきましたよー。」

ってメルマガでもお話をしたところ・・・

 

クリックした人たちが、

なんか凄い人達ばっかりでした。

 

 

サイトアフィリで月収〇千万の方だったり…

 

たった一日で〇千万も、

楽天銀行から移動させる方だったり…

 

毎日のようにキャバクラ通って、

100万単位で使ってる方だったり…

 

他にも色々。

 

 

ってか、私のメルマガを読まれてる事に、

何よりも驚きました。マジで。

 

 

でもみなさん、もう十分にお金持ってるはずなんですけどね…

今何かあったとしても、

奥さんやお子さん、今後困ることってないと思うんですけど…

 

そんなにもお金の使いどころに困ってるんでしょうか。

なんなら代わりに私が使いますから、

気軽にいつでも言って来てくださいね。

 

 

でもあんなにも「今さらか!」レベルの、

あんな超基本的な事ばかりで分かりました?

 

保険系のサイト作ってる人たちの方が、

もっと色々と詳しいと思うんですけどね。

 

 

まあでもこの業界のプロの人たちだからこそ、

「アフィリサイトは報酬が高い案件を売るためだけの記事や、

売るためだけのサイト構成で作るから、信用なんてできない」

って思ってるんでしょうけど。

 

 

この前も言いましたけど、

私が書いたあのレビュー内容って、

アフィリ系の記事としては最低レベルですからね。

 

あのレベルが書けて、

さらにもっと詳しく書けるようになる。

 

 

そして何より大切なことは、

『商品を購入してもらえるように記事を書く』

 

ここまで出来なければ、

「濃い記事を書いて、アフィリで稼ぐ」

なんて絶対に出来ません。

 

 

しかも過度なSEOをしないでアフィリサイトを作る場合、

そんなレベルの記事をある程度は量産しなければいけません。

 

戦略次第ではありますけど、

そもそも売れるかどうかも分からないような商品も多いですから。

 

はじめから売れる商品、有名な商品の場合には、

そのぶんライバルも多くて、みんな強いですから、

やっぱりある程度ニッチなところを狙わないと勝てないですし。

 

 

アドセンスがいかに楽なのか、

分かったでしょ?笑

 

とりあえずアクセスだけ集めときゃ良いんですから。

そしたらあとは勝手にグーグルさんが

自動でセールスしてくれるんですから。

 

売れるかどうかなんて気にしなくて良い。

意識することはアクセスだけ。

 

そもそもライバルがいない、弱いところを狙えば、

しょぼい記事でもすぐに上位表示できますし。

 

「素晴らしい記事」とか、

「魂を込めた記事」なんて書く必要ないんです。

 

 

あと、私ってよく「しょぼい記事」って言ってますけど、

でもそれも実際には読む人によって違いますよね。

 

この前のほけんの窓口レビューに関しても、

保険のプロの人たちや、

保険系のアフィリエイターさんからしたらしょぼいですよ。

 

 

でも私と同じように、

「保険とか難しい事から逃げまくって生きてきた、

でも気にはなってる男性サラリーマン」

からしたら、分かりやすいですよね。

 

「ちょっと気軽に相談できそうだな」

と、一歩踏み出すきっかけにもなりますよね。

 

実際に何名かの方々からは、

「参考になりました。」

とか、

 

「シンプルで分かりやすかったです。」

「一度、予約してみようかなと思いました。」

とかメールも頂きましたし。

 

 

べつにあれって、

プロに向けて書いてるわけじゃありません。

 

あくまでも、

「自分と同じように、

心配だけど踏み出せない人に向けて書いた」

だけ。

 

だから自分が聞いてきて、理解したこと、思ったことなどを

素直にそのまま書けば良い。

 

そしたら自然と、自分と似たような人にとっては、

有益な情報になります。

 

 

記事なんて、難しく考える必要は全くないですよ。

まずはとりあえず投稿してみりゃ良いんです。

 

 

よく頂く質問の中に、

「外注さんの記事のレベルが低すぎて」

ってのがあります。

 

 

低いって言いますけど、

でもそれって誰目線で見てますか?

あなたの理想、思い込みだけで見ていませんか?

 

その記事を読んで、

「なるほどー。」

と思ってくれる人が一人でもいれば、

十分価値ってありますよね。

 

べつに何か売りつけたりするわけでもないですし、

誰かに害があるわけでもないですし。

 

 

外注さんが書いてくれた記事を読む時も、

そんな目線で読んでみてください。

 

今まで思っていた以上に、

良い記事を書いてくれる外注さんって多く感じるはずですよ。

 

 

コメントは3件です

  1. リリー より:

    こんにちは。
    ランキングから訪問しました。
    初めまして、リリーです。
    今、ちょうど夫が入院しているので改めて考えさせられましたが、
    ここまで書かないと稼げないのが、良く解りました。
    有難うございます。
    また、訪問させてください。

  2. takeshi より:

    ランキングから来ましたtakeshiです。
    読み手はそれぞれ感じ方が違いますから
    自分が書いた記事の良し悪しは読み手が
    判断する事です。何が濃いコンテンツかと
    思うのは読者さんですからね。
    また訪問させて頂きます。

  3. TREETOP より:

    初めまして、ブログランキングから訪問させていただきました。
    保険の話、とても分かりやすかったです。
    そして記事の書き方、誰に向けて書くのか大事だなと勉強になりました。
    初心者が専門のレビュー読んでも、何言ってるのかよく分からないのとかよくあります!
    ありがとうございました。
    応援して行きます!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
カテゴリー