トレンドブログの記事の書き方(花火大会編)

目安時間:約 10分

イベント記事の作り方について、

こんな質問を頂きました。

 

 

———- ここから ———-

 

今8月の花火大会の記事を書いているんですが、毎回悩む事があります。

 

例えば「〇〇花火大会 穴場」というキーワードで記事を書く場合、

その記事には穴場情報だけを書いた方が良いんでしょうか?

 

他の記事を見ると概要だったり注意点など色々な事が書かれています。

 

他の人に相談しても人によって言う事が違います。

つい先日もこんなアドバイスがありました。

 

「穴場なら穴場の事だけを1つの記事。

概要なら注意点と合わせて一つの記事。

そうやって一つの花火大会でも

複数の内容で記事数を増やした方が良いです。

そしてそれぞれ内部リンクが一番良いです。」

 

記事を増やした方が色々なキーワードでアクセスが来そうですけど、

でもそれだと1つ1つの記事の文字数が少なくなってしまって

上位表示できない気がします。

 

草薙さんはどう思われますか?

 

———- ここまで ———-

 

 

これ、私も同じように、

はじめの時にはかなり悩んでいましたので、

気持ちは分かります。

 

 

結論を言うと、

私は出来るだけ一つの記事にまとめた方が良い、

と思っています。

 

と言うのも、なんだかんだ言って文字数って

かなり大切だから。

 

 

「もう今は文字数なんて関係ない」

という人はいますが、それは間違っています。

 

私も定期的に検証していますが、

やっぱりまだまだ文字数は大切です。

 

少ない文字数で上位表示させられる場合は、

それこそライバルが弱いキーワードの時だけですね。

 

仮にライバルが弱いキーワードを見つけたとしても、

もしライバルが出て来てしまうと抜かれてしまいます。

 

ですから先々の安定の事を考えると、

やはり始めからある程度の文字数は

あった方がいいでしょう。

 

 

とは言っても、なんでもかんでも入れていけば良い、

という事でもありません。

 

「〇〇花火大会の穴場情報!」という記事タイトルなのに、

まずは冒頭に概要を紹介し、次に服装のこと、

3番目に交通規制や渋滞情報を伝えると、

タイトルと全く違って来ますよね。

 

仮に渋滞情報の後、最後に穴場情報を入れたとしても、

タイトルと関係がない内容が多々ありますし、流れとしてもバラバラ。

 

 

ですので「穴場情報」をメインテーマとするのであれば、

穴場情報に関係がない内容は記事には入れないこと。

 

文字数が多い方が良い、文字数は大切とは言っても、

「記事テーマに関係がない内容を無理やり入れない」

という事も意識しないといけません。

 

ひと昔前ならまだしも、

今の検索エンジンの制度は非常に高いので、

そんな記事はほぼ確実に上位表示なんて出来ません。

 

 

「メインテーマのことしか書けないなら、

記事にボリュームなんて持たせられない…」

「穴場情報だけってツラすぎる…」

「それじゃあボリュームのある記事作れない…」

 

と思うかもしれませんが、ちょっと視点を変えてみましょう。

 

 

例えば先ほどの「〇〇花火大会の穴場情報!の場合、

まずは冒頭に穴場情報を色々と紹介しますよね。

 

じゃあこの穴場情報を知った人たちって、

次にどんな事を思うでしょうか。

 

色々とありますが、

「行き方」が気になる人は多いでしょう。

 

 

じゃあその行き方、電車事情や最寄駅などを

紹介してあげれば良いですよね。

 

車でしかいけない場所なんかだと、

駐車場情報なんかも必要です。

 

ここで交通規制や渋滞情報を

紹介してあげればどうでしょう。

 

「穴場情報」に関連していますから、

記事のメインテーマからは何もずれていません。

 

それどころかメインテーマを補足する内容ですので、

読む人も分かりやすく、

検索エンジンからの評価も高まります。

 

 

さらに展開をするならば、

その各穴場周辺のトイレやコンビニ、

レストランなど、環境のことを記事に追記する。

 

河川敷などの水場であれば

足元は不安定なので下駄やサンダルよりも、

運動靴の方が良いかもしれません。

 

浴衣よりもカジュアルな服装の方が

快適で楽しく見る事ができるでしょう。

 

 

蚊や虫の問題もありますよね。

 

じゃあ荷物の解説を追加して、

虫除けスプレーや座れるようなビニールシートも

必須だという事も伝えられます。

 

 

このようにたった一つの

「穴場情報」というメインテーマだったとしても、

少し考えるだけでいくらでも

記事に書く内容は増えていきます。

 

「穴場情報」で一つの記事、

「電車や車での行き方」で一つの記事、

「コンビニやレストラン」で一つの記事、

と分けることを横展開と勘違いしている人も多いです。

 

ですがこのように、一つの記事で

読む人が知りたい情報をキレイな流れで、

そして徹底的に伝えている記事を作れば、

上位表示ができる確率は圧倒的に増大します。

 

 

じゃあここからどのように横展開したら良いのか?

という事が気になるかもしれませんが、

これも簡単です。

 

 

例えば花火大会の為にその地域に旅行で来たり、

観光の為に少し早い時間に来る人もいますよね。

 

そう言った人のために、

観光地やホテル情報、レストラン情報などを

その地域の情報をきれいにまとめて

一つの記事にしてあげれば良いんですよ。

 

そしてお互いの記事で紹介し合えば、

きれいな内部リンクの完成ですよね。

 

わざわざ一つの花火大会の内容を、

無理やり個別に分けて記事数を増やそうとしなくても、

自然と横展開ができる、ということです。

 

花火大会に関係なくその地域の情報を書いておけば、

その記事自体は年間いつでもアクセスを集められる、

いわゆるロングテールの記事にもなりますし。

他にも色々な横展開はありますよね。

 

 

 

 

P.S.

 

 

そういやつい先日の話なんですが、

私のコンサル生の一人が今日お話しした方法で、

ある地方の有名花火大会の記事を書いたところ、

見事一位になってました。

 

たった1週間で。笑

しかも花火大会の2週間前に投稿したのに。笑

 

 

この方法って

もう何年も前から言ってるんですけどね。

でもまだまだ誰も実践してくれないという…

 

やれば稼げるのにね。ほんと。

 

 

 

 

P.P.S.

 

 

まあでも、もう7月23日なのに、

今まだ8月の花火大会の記事なんて書いてたら

そもそもダメなんですけどね…

 

よっぽど強いブログだったり、

よっぽどライバルが弱いキーワードならまだしも、

普通はなかなか難しいです。

 

 

基本は3ヶ月前に投稿する事。

これは忘れず、記事テーマは選んで下さいね。

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
人気のページ
最近の投稿
カテゴリー