大手サイト(All About)の記事がアホみたいに低レベルだった。笑

目安時間:約 13分

私が所属してるメルマガ塾(7MC)内で書かれた日記の中で、

「生地少ないのになんでそんなに高いんだベビー服(●?ω?●)」

って言ってる方がいたんですけど、

その日記に対して夏海さんが答えたのがこれ。

 

>子供服が高い件。

私も同感です。記事少ないじゃないか!と(笑)

 

ちなみに

 

・子供服 高い理由

 

ってキーワードががら空きでしたよ(笑)

 

完全にオタク。

アドセンス脳です。笑

 

まあでもブログやサイトで稼ごうと思ったら、

ちょっとした疑問をすぐに検索してみて、

ライバルチェックするのって大切なんですよね。

 

 

で、今日私が言いたい事は、

そんな誰もがいってる当たり前の事じゃありません。

 

「意外とライバルって少ないですよ。」

なんて事でもありません。

 

『グーグルさん、やっぱりウワベだよ。笑』

って話です。

 

 

私もこの「子供服 高い理由」ってキーワードで検索してみたんですが、

2位にしょぼいアドセンスブログ、3位、4位には知恵袋があるんで、

狙い目なのは分かりますよね。

 

でも1位にはAll Abouto(大手サイト)

「ベビー服ってどうして高いの?」が来てましたので、

普通に考えたら1位は超えられない、と思うと思います。

 

 

ただ・・・ですよ。

知ってる人は知っている。

 

私は洋服業界の人間です。

しかもはじめに勤めた会社は神戸の某子供服。

 

そして今は子供服だけじゃなく、

国内や海外で、品質を維持をしながら、法律も守りながら、

いかに安く、良い洋服を製造するか?

 

そんな仕事をしています。

ブログで稼いでる誰よりも【プロ】なんですよ。

 

 

そのプロの目から見てみたんですけど、

まあAll Aboutの記事内容のしょぼいこと。笑

 

子供服が安くない理由であげているいくつかの理由、

嘘・・・ではないんですけど、

まあポイントがズレてます。

 

本当はそこじゃないんですよーって、

業界の人なら誰しもが思います。

 

 

例えば一つ目の事例で挙げている、

 

 

 

 

 

この部分、

同じデザインの同じサイズをもし10万枚作ったら、

10人に1人は着てもらわなければいけなくなってしまいます。

ベビーでは、そんなことはありえませんが、おとなの服ならありえます。

https://allabout.co.jp/gm/gc/188966/

 

いやいや。

大人の服でも10万枚なんて、某ユニ〇ロぐらいでしょ。

 

G〇でもそんな大ロットはごくごく一部。

しま〇らとかの量販店でも無理ですよ。

 

それ以外の会社って、多くても500枚〜1000枚。

100枚とかの会社なんてたくさんあります。

 

私が以前担当してた某有名ブランドなんて、

サンプルで80枚、でも本生産では5枚なんて事もしょっちゅうでした。

 

子供服の量販店や、百貨店に置いてるような有名なとこの方が、

よっぽど生産枚数多いです。

 

 

 

 

大人の服でも色々ありますよね。

当然、刺繍を多用してる服もあります。

 

オシャレ(風)なセレクトショップでの服なんて、

子供服顔負けなぐらい凝ったものもたくさんありますよね。

そのこだわりに何の意味があるのか、私には理解不能ですけど。笑

 

 

 

 

いやいや、大人の服がいいかげんに作られてるって。。。

アホなの?笑

 

確かに雑なところも中にはありますけど、

そんな会社、すぐ潰れてますから比べる事自体がナンセンス。

 

 

 

 

大人と同じ生地、使ってるから。

使う染料とか、もっと違う部分でホルマリン対策しないと、

生地だけ対策してたら無理だから。

 

今は海外で販売してる会社も多いんですが、

そもそも中国なんかだと、大人の服でも

日本の子供服以上にホルマリン規制が厳しいって事、

知らないの?

 

 

 

 

これも同じですね。

大人の服でも全て検針してますし。

日本向けの生産をしてる工場で検針してないって、

どんだけレベル低いねん。

 

まあ意外と日本生産の方がやってないんですけど。笑

日本の工場が神格化されてますけど、

実はめっちゃ適当ですからねぇ…

 

 

 

 

大人もでしょ。笑

「天然繊維の方が高い」って、いつの時代の情報やねん。笑

 

 

とまあなぜか洋服についてアツく語ってしまいましたけど、

プロの目線で見ればツッコミどころが満載なわけですね。

 

ここで言いたい事は、

こんなレベルの記事でも1位が取れるって事です。

 

 

今って「記事の質が大切」って言われてますよね。

でも実際にはこんなもん。

 

確かに「検索者が求めている情報を提供」はしてますよね。

ただこの事例を見ると、正しい情報なんて一つもないですよね。

 

 

1位に来てる記事だから良いとか、

大手サイトの記事だから正しいとか、

そんな事はありえないわけです。

 

世の中、ネットに出てる情報なんてほとんどが、

本当に正しい情報かどうかは非常に疑わしいんですよ。

 

そんな検証もせずに、

「記事の質が悪いです。」

とか、偉そうに言ってる情報発信者も多いわけです。

 

「月収〇十万円稼いでます!」

とか言ってる人って凄そうに見えるかもしれませんけど、

でもレベル低い人も多いですよ。

 

「読む人の気持ちに寄り添って!」

って、嘘の記事書かせて寄り添うって意味不明ですよね。笑

その前に購入者さんや読者さんに

しっかりと伝えなきゃいけない事あるでしょ。

 

 

じゃあどうすれば良いのか?って事なんですけど、

とりあえず何でも良いから投稿してみましょうよ。

 

完璧じゃなくても良いじゃないですか。

そもそも大手企業、大手サイトがそんなことやってるんですから。

 

 

あなたの目的は「完璧な記事を書くこと」ですか?

 

違いますよね。

「お金を稼ぐこと」ですよね。

じゃあ少しでもお金が稼げる可能性を上げる方が最優先でしょ?

 

完璧な事なんて追い求めなくても、

今できる最善を尽くせば良いじゃないですか。

べつにグーグルさんにとって食われるわけじゃないんですから。

 

 

そもそも記事を完璧に仕上げるなら、

その記事のジャンル、業界にどっぷり浸かって、

10年、20年と働いて、調べて、続けていかないと出来ません。

 

少なくとも、その業界の人、何人もの人たちに、

取材しないと無理でしょう。

 

 

たかだかブログの記事で、そこまで出来ますか?

私は無理です。嫌です。やってられません。

そんなめんどくさい事・・・。

 

 

今回のキーワード、

「子供服 高い 理由」

ですが、私以上に完璧な記事が書ける人っていないでしょ?

 

じゃあ諦めるんですか?

もったいない。とりあえず書けば良いじゃないですか。

私や、私の業界の人が絶対に書くわけないんですから。

 

 

「稼ぐ」って事を何よりも重視して、

その目標に向かってとりあえず突き進んだ方が、

結果が出るの早いです。

 

そもそも完璧なんて無理なんです。

まずは行動するってことが何よりも大切ですよ。

 

 

 

P.S.

 

 

5月にブロガーズの懇親会に行った時に出会った男性が、

ディズニー好きだったんですけど、

今日の夜はその人に誘われて、ディズニーに行ってきます。

 

ディズニーディナー。オシャレでしょ。笑

 

 

男二人で・・・かと思いきや!

実は23歳の女性も誘ってたそうです。笑

 

なんか不思議な3人でディナー楽しんできます。

 

 

23歳の女性は6月に何度かご紹介した宮澤さんですね。

 

「私、稼げるようになります。もう分かってるんです。」

「今はまだ実績ありませんけど、頑張って数ヶ月で結果出します。」

 

ってお茶会で言ってたんですけど、

その3ヶ月後には本当に稼いでたという、突っ走り元気っ子。

 

しかも、

「メルマガアフィリエイターってかっこいいじゃないですか!」

と言いつつ、その直後にはメルマガアフィリエイターになってたという…

 

 

そんな3名でディズニー楽しんできます。

 

なんかメルマガとか塾とかで、

ディズニーの集いとかやってみるのも面白いかもしれませんね。

まあ、ほとんど集まらないと思いますけど。笑

 

 

そういや、宮澤さんのメルマガ読みたいです!

って人がかなり多かったので紹介しておきますね。

→ 宮澤さんのメルマガはこちら

 

装飾が可愛らしいですねー。

 

今は独学でメルマガやってますけど、

7MCで学んでどう成長していくか、見ていくのも面白いですよ。

 

 

 

P.P.S.

 

 

W杯なんですけど、

ベルギー・・・負けましたね。。。

 

決勝はフランスとイングランドでしょうね。

イングランドは厳しそうですけど。

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
カテゴリー