記事の外注化は危険?アドセンスの規約違反チェックを自動でする方法

目安時間:約 10分

 

アドセンスって、

ちょっとでも規約違反をしてしまうと、

すぐにアカウントが凍結、

 

最悪の場合には、剥奪されてしまう事は有名ですよね〜

 

 

「月に〇十万、〇百万の報酬が出ているアカウントが

はく奪されてしまった!」

 

なんて人も、以前はたくさんいました。

 

 

もし、そんな事になってしまったら、

アドセンスで生活をしている人にとっては、

もう本当に生死に関わる大事件!

 

 

以前、アカウント停止になった人たちのほとんどが、

「芸能系」や「ゴシップネタ」

を取り扱っていた影響からか、

 

 

「芸能ネタさえ取り扱わなければ大丈夫!」

 

 

 

いやいや・・・

 

 

実は意外と、

 

  • アルコールネタ
  • アダルトネタ
  • 画像で著作権に触れてしまった!

 

なんてパターンで、

アカウント凍結されてしまう人も多いんです。

 

 

「宴会の記事で、乾杯の写真を使ってしまった」

「海水浴の記事で、美女が日焼け止めを塗ってる写真がNGだった」

「漫画の1シーンを、何の気なしに使ってしまっていた」

 

なんて事も、実は要注意です。

 

 

 

基本的なアドセンス規約は、

こちらの記事 にまとめているので、

時間があるときにでも見てみてください^^

 

 

 

「そういう微妙な表現や写真って、

外注化してると危険じゃないですか!?」

 

 

こんな質問をいただきましたので、

今日は、この質問にお答えします。

 

 

 

ちゃんと校正を入れる事で避けられる!

 

 

 

外注さんに書いてもらった記事は、

必ず校正を入れる事!

 

 

これ、鉄則です。

 

 

校正をしないで、そのままブログに投稿したりすると、

アカウント凍結や剥奪に怯えることになってしまいます。

 

 

ちょっと考えてみてください。

 

 

あなたが、自分で記事を書いていた時って、

どうしてましたか?

 

投稿する前に、ちゃんと最終チェックは

していたんじゃないでしょうか?

 

 

それと同じです。

 

 

徹底的に横着したいなら、

ちゃんと(?)校正の人と契約しておきましょう。

 

 

「記事を書いてくれた人に、

最終チェックして貰ったら良いんじゃないの?」

 

 

 

もちろん、ライターさんの方でも

納品する前の最終チェックはしているはずです。

 

 

ただやっぱりどこか、

抜ける部分が出てきてしまいます。

(些細な漢字間違いは、置いといて・・・)

 

 

 

あなたが自分で書いた記事でも、

同じじゃないですか?

 

 

 

頑張って記事を書いた直後って、

もう集中力も、切れ切れ状態・・・。

 

 

そんな状態の時に、すぐもう一度見直しても、

ちょっと流し読みしてしまったりしませんか?

 

 

 

時間をおいてチェックしたり、翌日に読み直してみると、

「あ!ここ、ちょっとおかしいかも?」

なんて部分も出てきたりしますよね。

 

 

自分で書いた記事なら、

あとでもう一度、読み返すと思います。

 

でも外注さんの場合、

ほとんどの人はやってくれません。

 

 

 

そりゃそうですよね〜。

 

 

もし私が、外注ライターとして、仕事を受けていたとしても、

数をたくさんこなして、お金を貰いたいです。

 

 

 

だから他の人に、ちゃんと校正をしてもらう事。

 

 

第三者の目で、もう一度チェックしてもらう事が

大切になってくるんです。

 

 

 

「自分で見れば良いんじゃないの?」

 

 

それだと外注化になりませんよね。

 

暇な時、ごくたま〜に、くらいならべつに良いんですが、

めんどくさくないですか?

 

 

しかもそこで、

「これ、なんか違う」

 

なんて感じた時。

 

 

外注さんに書き直してもらってもいいんですが、

「これくらいなら、自分で修正した方が早いから」

なんてやってると、本末転倒です。

 

 

 

出来るだけ横着したい私としては、

極力、何の作業もしたくありません(笑)

 

 

「自分の作業を出来るだけはぶく事!」

 

これ、本当に楽ですよ^^

 

 

 

アドセンス記事の校正で何よりも大切なポイント

 

 

 

私が依頼している校正のポイントは、

こちらの5つ。

 

  1. 文章の間
  2. 文字装飾
  3. 文法のチェック
  4. 適切な画像の収集
  5. NGな内容、言葉のチェック

 

 

1〜4に関しては、

極論、やらなくても大丈夫です(笑)

 

 

他のどんなことを捨ててでも、

絶対にやらないといけないことは、

5番の、NG内容チェック。

 

 

「アドセンスの規約に違反していないか?」

をチェックする、という事ですね。

 

 

 

その中でも要注意な規約違反としては、

  • アダルト系
  • アルコール系

 

この二つです。

 

 

 

あからさまな内容はNGですが、

難しいところはセクシー系。

 

「水着を着ている女性の写真は?」

 

 

これ、もしも可能性もあるので、NGとした方が無難です。

 

 

「飲み会に行ったら、最初に注文するのは当然ビール!」

 

こんな文章は、絶対にNGとしましょう!

 

 

 

校正さんには、

「アルコールや、ちょっとでも性を想像させるような内容、

もしもあったら、全て削除して下さい」

と、必ず伝えることも大切です。

 

 

ライターさんにも伝えていても、

どうしても、書いているうちに忘れてしまうんでしょうね。

 

時々ですが、「ビール」という単語が出てきたりします。

 

 

もし見つけたら、今後のためにも、

必ず注意して置いたほうが良いですよ^^

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー