ブログ記事の作成代行!外注のギリギリ相場を検証してみた結果!

目安時間:約 6分
4b846f1f70998ddea4123da4ea2cfd3b_s

アドセンスブログを外注化させる事の最大の目的は、

「作業の効率化」

ですよね。

 

 

「自分での作業をゼロにする事」

 

これが、最終目標となります。

 

 

とは言っても、まだ構築を始めたばかりの時って、

「出来るだけ費用を抑えたい!」

 

これも本音のところ。

 

 

私も、外注費を安く抑えつつ、

最低限のクオリティを要求、

 

という事を徹底してきているのですが・・・

 

 

ちょっと検証してみた事がありますので、

今日はその事を、お話しますね。

 

 

 

募集単価と応募者数のバランス

 

 

 

今検証している事は、

 

「外注さんへの報酬単価をあげたら、

どれくらい集まりやすくなるか?」

 

という事。

 

 

 

単価を安く抑えていると、

どうしても、応募数は

少なくなってしまう傾向にあります。

 

当たり前ですけど・・・(笑)

 

 

「人を集める」という作業の部分だけで見てみると、

実際のところ、効率が良いとは言えません。

 

 

じゃあ、いかにして効率良く、

人を集められることが出来るか?

 

 

それには、

 

  • 実績を積むこと(受注者からの評価を高くする事)
  • 単価を上げること

 

の二つしかありません。

 

 

 

でも、始めから実績がある人はいないので、

今回は、新しいアカウントを取得して、

少し単価を上げて、募集をかけてみました。

 

 

 

同じ単価でも見せ方で大きく変わってくる

 

 

 

ただやっぱり、今までと同じ募集条件で、

単価だけを上げても、こちらが損してしまうだけ。

 

ですので、ちょっとしたトリック(?)を入れてみました。

 

 

今まで募集してきた人たちには、

『200円/1記事(1000文字以上)』

という条件で、契約していました。

 

 

で、今回新たに募集した条件は・・・

『300円/1記事(1500文字以上)』

 

 

 

1記事辺りの単価はUPしています。

 

 

でも文字数で考えたら・・・

 

同じ単価なんですよね(笑)

 

 

 

これだと、いま契約している人たちに対しても

失礼にはなりません。

 

しかも、記事のクオリティが、

より濃くなるので、

ブログの評価も上がりやすくなります。

 

 

じゃあ、この募集に対しての結果は

どうだったかというと・・・

 

 

「かなり良い!」

 

です。

 

 

 

GW明けという、

仕事を探している人が多い時期

だった事もありますが、

食い付きは非常に良かったです。

 

 

200円/1記事だと、

こちらからスカウトしても

断られることも多かったんですが・・・

 

300円/1記事になると、

「やってみたい!」

って人が、かなり増えました。

 

 

統計を出すことは難しいのですが、

感覚的に言うと、約3倍ほど?

 

 

 

そしてビックリしたのは、

募集を打ち切らなければ、

パラパラと応募してくる人がいる事。

 

 

こちらがスカウトをしていないのに、

けっこう多いんです。

 

 

文字数あたりの単価は同じなんですが、

1記事としての単価が上がるだけで、

こんなにも変わるんですね~^^;

 

 

もしなかなか人が集まらない、

なんて悩んでいるなら、

一度、試してみても良いかもしれませんよ^^

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー