ブログの記事単価、外注さんからこんな交渉されちゃいました

目安時間:約 8分
8e2526f0e7c8691843cae90096aab07e_s

「1記事あたりの単価が上がってるように見せるトリック」

 

を、昨日お話ししたばかりで、

すごく面白いタイミングなんですけど(笑)

 

 

今わたしが依頼している外注さんの一人から、

「単価を上げて欲しい」

と、相談(というか交渉?)がありました。

 

 

→ 昨日の記事

 

 

 

外注さんに依頼していると、

単価交渉のやり取りって、どうしても出てきます。

 

 

特に、契約が長くなればなるほど、

相手の方も慣れてくるので、

 

「もうそろそろ、上げてもらっても良い気がするんだけど。。。」

なんて気持ちになって来るんだと思います。

 

 

 

今日は、外注さんから単価交渉された時に、

「どうしたら良いのか?」

 

を、お話ししますね^^

 

 

 

外注さんの単価をUPするポイント

 

 

 

私の基本的なポリシーとしては、

よっぽど「この人良い!」と思わない限り、

なかなか単価を上げないんですけど・・・

 

 

今回、相談メールが来た時は、

 

  • 単価を上げるか・・・?
  • 上げないか・・・?

 

実は正直、少し迷ってしまいました。

 

 

 

なぜか?

 

 

 

その理由は、

その方が納品してくれる記事のクオリティが

かなり良かったから。

 

 

分かりやすい、読みやすい文章を書いてくれてましたし、

ポイントポイントで、自分の意見や、時には感情も入れてくれてて、

けっこう理想に近い記事が多かったんです。

 

 

 

しかも、納品ペースも早い。

 

 

 

だいたいの人は、1週間あたり、

4〜6記事の納品ペース。

 

 

ですがこの方は、

10~12記事も納品してくれています。

 

 

 

  1. 早い!
  2. うまい!
  3. 安い!

 

の3拍子が揃ってるんです(笑)

 

 

迷いますよね〜

 

 

 

って事で、希望単価を聞いてみたのが間違いでした。

 

 

 

駆け引きはメンドクサイ!

 

 

 

やっぱりやめました。

 

 

理由は、値上げ希望の幅が大きすぎる事。

 

 

 

もともと募集していた金額、

そして契約している金額は200円。

 

 

 

そして・・・

 

希望は700円〜1000円!

 

 

3.5倍~5倍も要求されたんです(笑)

 

 

 

これはさすがに無理でしょう。

 

 

まだ、50円Up、多くても100円Upなら分かります。

 

3.5倍って。。。

 

 

 

「さすがにそれは・・・」

 

と伝えたところ、

 

 

「じゃあ500円で良いですか?

他に、これだけの金額を出してくれる人がが出てきたので。」

 

 

 

はい!

 

この時点で、契約終了決定です(笑)

 

 

 

単価の交渉のマナー違反です。

 

 

他の依頼を引き合いに出して、

駆け引きをしてくるなんて事は、

今後信用ができません。

 

 

 

たぶんこんな方は、もし単価を上げたとしても、

どんどん交渉されるでしょう。

 

長続きしない事は、間違いありません。

 

 

それならお互いの為にも、

他の案件の仕事をしてもらった方が良いでしょう。

 

 

 

幸いなことに、

この方との契約は、まだ始まったばかり。

 

ですので、

まったく惜しくもなんともありません(笑)

 

 

 

 

私が募集している単価は、

確かに、他の方より安いと思います。

 

 

ですがその分、

 

  • 厳しくなく、気楽な付き合いが出来る
  • 納期にも厳しくない
  • あまり注文を付けない

 

など、かなりライターさんが作業しやすい環境にしています。

 

 

この「気楽な付き合い」を価値、ポリシーとしています。

 

 

 

単価が高い案件の場合、修正依頼も多いですし、

実際には、ライターさんには、

かなり手間ヒマがかかる事も少なくありません。

 

 

今、私が契約している外注さんの一人は、

私の案件と、他の超高単価案件を掛け持ちしていたんですが・・・

 

結局、高額案件の契約を更新せずに、

わたしからの仕事に集中してくれました。

 

 

「外注さんが、気楽に仕事がしやすい環境を意識する」

 

 

これを意識するだけで、

お金をかけずに、他の高額案件よりも長続きしてもらえる。

 

これ、本当に大切な事なんです。

 

 

参考にしてみて下さいね^^

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー