コロナウイルスでの誹謗中傷で弁護士から訴訟の連絡が来た人の話。

目安時間 7分

この前メルマガで、

「コロナ系の記事を投稿して、

アドセンスアカウント凍結された人」

 

というお話をしましたが、

かなりたくさんの方々から

感想というか、やってしまってた、

という報告を頂きました。

 

 

中には

「マスク入荷状況をツイートして、

アドセンスもツイッターも凍結されました」

とか、

 

「コロナウイルスの影響で倒産した企業の

その倒産理由を記事やツイートしたら

その会社の弁護士から誹謗中傷で訴訟を検討する、

というDMがきました」

とか、

 

アカウント凍結情報などもたくさん頂きました。

 

 

なんでそんな危険なことばかりに

みんな手を出すんでしょう。

 

私、いつも言ってますよね。

「真っ当な記事を投稿しましょうね。」

って。

 

 

アドセンスの基本は、

「老若男女、誰もが不快を感じないこと」

が基本でありマナーです。

 

この基本やマナーを無視して、

炎上商法を狙ってPVを稼ぐから、

「アフィカス」とかって

ネット上で嫌われるんですよ。

 

 

確かにアドセンスは、

PVさえ集められれば稼げます。

 

ただそれはあくまでも、

「基本やマナー」の上に成り立った考え方。

 

 

ちょっと広告主の立場になって

考えてみて下さい。

 

「芸能人の〇〇が浮気した」系の記事や、

「株式会社〇〇が倒産した」系の記事に、

自分の広告が出てきたらどうでしょう。

 

絶対に嫌ですよね。

 

そんなブログを運営している人なんて、

いつどこで危険なセールスをするか分かりませんから、

絶対に広告を出してもらいたくありません。

 

 

こうやって広告主や

アドセンス運営から目をつけられて、

単価を下げられる。

 

そしてある日突然アカウントを剥奪される。

 

 

 

ぶっちゃけアクセスを集めるだけなら、

記事ネタや方法なんていくらでもあります。

 

でも目的は

「アクセスを集めること」

じゃありませんよね。

 

「稼ぐこと」「長く稼ぎ続けること」

のはずです。

 

 

人の不幸でアクセスを集めて広告収入を稼ぐ、

という方法は楽ではありますが、

その方法に未来はありません。

 

だって誰も必要としていないんですから。

 

 

ツイッターなんか見てれば分かりますよね。

 

全て同じ構成のツイートで、

自分のブログへの誘導ばかりで、

スパムのような事しかしてません。

 

 

でも「基本やマナー」を守った上で、

まともな方法でアクセスを集めていたら、

誰からも「アフィカス」なんて言われません。

 

先日ご紹介しましたけど、

3月に私が無料配布したツイッター戦略の、

その実践者さんが

 

「あなたは特別だよ!」

と、特別扱いされたという事例もあります。

 

 

SNS、特にツイッターって、

アフィリ系ブログへの誘導は

もの凄く嫌われるんですよ。

 

でもまともな運営をしていれば、

実は誰からも嫌われないんですよね。

 

 

 

そういや最近、

ツイッターからブログへの誘導してて、

ツイッターもアドセンスも、

どちらのアカウントも止められた、

って人も急増してます。

 

私にも相談が来るんですが、

そのやり方を見せてもらうと、

「そりゃ止められるでしょ」

的なものばかり。

 

みーんなが同じツイート構成ですし、

同じようなスパムやってたら、

止められて当然ですよね。

 

 

普通のことやりましょうね。

そしたら自然と結果は出ますから。

 

 

 

 

P.S.

 

そういやFAAPの特典でお渡しした

ツイッター戦略マニュアルなんですが、

実践者さんの結果が

もの凄い事になってます。

 

由美さんなんて、

アクセスが数百レベルブログが、

実践を始めた日を境に数千単位にまで

一気に引き上がったそうですし。

 

 

まあ当然ですよね。

 

いつまで経っても

新着で上位を維持し続けられるんですから。

 

すると自然と

膨大なアクセスが集まってきます。

 

しかもスパム的な方法じゃありませんから、

嫌われる事なんてありませんし。

 

 

ほんともう、

人の不幸でアクセスを集めて稼ぐ、

って方法はやめた方が良いですよ。

 

アドセンス運営側や

広告主から嫌われたら終わりですから。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
人気のページ
最近の投稿
カテゴリー