アフィリエイトで稼げなくても良い!実はあなたは凄い可能性を持っている

目安時間:約 7分

 

6月ずーっとご紹介してきた7MCに、

私から入られた方が膨大な人数なんで、

いま毎日スカイプ三昧なんですが・・・

 

そこで気づいたことをお伝えしておきますね。

 

 

前々から気づいてはいた事なんですけど、

みんな本当に自分の経験に価値があるって事、

気づいてないんですよね。

 

「まだ情報発信なんて出来るレベルじゃなくて…」

 

これ、ほんとみんなが言います。

 

 

でも一人一人しっかりと話を聞いて、

今まで生きてきた体験や実践してきた事などを棚卸ししてると…

 

「え?凄いネタ持ってますよ…」

 

もうこんな事ばっかりです。

 

 

今日いまこの記事を書いてる時点では、

一から実績を作らないといけないって人、

ただの一人もいません。

 

 

いやーほんと勿体無いです。

今すぐにでもメルマガやったら良いのに。

 

 

私のコンサル生でも、

何人かにはすぐに情報発信の準備を始めてもらってるんですけど、

その中の一人の女性(仮名:Hさん)でも、こんなパターンがありました。

 

いま無料レポート書いてもらってるんですけど、

その中で、いくつか過去の記事を紹介してもらってるんですね。

 

で、ついさっき川崎の方で会って、

ご飯食べながらチェックしてたんですけど、

その中の一つの記事がなかなか面白い。

 

アドセンス用の記事の書き方を解説してるレポートにも関わらず、

すっごく自然に楽天に誘導してるんですよ。

 

 

こんなにも誘導が上手なのに、

なんでアドセンスにこだわってるの?

 

アドセンスの広告は外そうよ。

なんならしっかりとASPの商品探して紹介すれば、

報酬が何倍にも膨れ上がるんじゃないの?

 

ってぐらい。笑

 

 

このレポート、もちろんアドセンスの人にも役立ちますけど、

楽天アフィリ、それどころかASP系の

物販アフィリを実践してる人たちにも非常に役立ちます。

 

それぐらい自然だったんですよね。

そりゃ報酬上がるわ。(私も)勉強になるわ。ってぐらい。

 

 

そんなにも自然なんですが、

私が言うまで全く気づいてなかったんです。

 

もったいないでしょー。

 

 

でもこの、

「自分では気づいてないけど、実は凄い可能性を持っている」

ってパターン、本当に多いんですよ。

 

 

確かに、それなりにしっかりと

何かのジャンルを実践する必要はあります。

 

でも何か徹底的に頑張ったことが一度でもあるなら、

実践した事をしっかりと掘り下げてみれば、

ほぼ確実に、面白いことって出てくるんですよ。

 

 

私の教材なんかは、その典型例ですよね。

 

私は面倒くさがりです。

興味もない、名前も聞いた事がない花火大会の記事を書くとか、

存在すら知らない地域のイベント記事を書くとか、

アホらしくて、そんなメンドくさい事はしたくありません。

 

そもそも記事を書く時間すらありませんでしたから、

外注化してみたんです。

 

そして今では教材まで出しているわけですが、

実はその価値には全然気づいていなかったんですね。

みのごりさんに言われてから、始めて理解ができました。

 

これも「徹底的に手抜きを追求した結果」なんです。

 

 

手抜きを追求ってアホみたいですけど、笑

でもそんなアホみたいなことでも突き詰めていけば、

十分凄い情報になるってことです。

 

 

今あなたも、自分で記事を書いていたり、外注化していたり、

何かしら実践してると思います。

 

みんな「教材の通りに実践してるだけ」って言うんですが、

でもその中でも、何か自分なりに考えながらやってますよね。

 

その考えて実践してる事を、

一度徹底的に追求してみてください。

必ず、面白い結果が生まれますから。

 

アドセンスではなかなか結果が出なくても、

先ほどご紹介した女性、Hさんのように、

実は物販に使える記事だった、なんて事もありえます。

 

 

物販って、アドセンスみたいに、

たくさんのアクセス数なんて必要ないですからね。

 

極論、1日1PVでも毎日報酬が発生します。

面白いでしょ。笑

 

 

もちろん一定以上のアクセスがあれば、

アドセンスでも物販でも、何にでも活用できます。

 

とりあえず何でも良いから徹底的に頑張ってみれば、

価値を生み出す、お金を生み出すことなんて簡単ですよ。

 

 

 

P.S.

 

 

Hさんのレポート、見たいでしょ?笑

 

まだ完成してないので、

完成したら紹介しますねー。

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
カテゴリー