キーワード選定の本質。「ライバルがいないキーワードを探す」は間違い

目安時間 9分

 

先月のAAAプロジェクトのあと、

メルマガ読者さん宛にプレゼントした、

どんな人でも出来るキーワード選定法があるんですが、

貰った方、しっかりと実践していますでしょうか?

 

 

やり方を簡単にお話しすると、

「記事を書こう!」と思っているキーワードを、

一度検索エンジンで検索をする。

 

そして検索結果の1ページ目に知恵袋や、

無料ブログなどがあるかどうか?

 

 

たったこれだけのやり方で凄く簡単なので、

まだ実践していない人は是非、今すぐにでもやって下さいね。

 

これほんと、楽に結果出せますから。

実際にこの方法を実践した方々からは、

「すぐに結果が出ました!」

と感想まで頂いていますから。

 

中には、

「今まで全然アクセスが来なかった記事のキーワードを変えたら、

次の日にはいきなりアクセスが来ました!」

なんて結果報告までいくつも頂いています。

 

 

で、なんですが。

 

 

このやり方だけで終わってしまったら、

凄くもったいないです。

 

 

いや、このやり方だけでも

十分に稼ぎ続けることは出来るんですけどね。

 

でも、もっと本質的なことを理解して貰いたいなー、

と、正直私は思っています。

 

 

本質的な事って何かと言うと、

「どうして知恵袋が1ページ目にあったら、

上位表示させやすいのか?」

という事です。

 

 

「記事の書き方」というところから、

少し詳しく話しますね。

 

 

アドセンス系記事、お悩み系の記事を書く場合の

超王道的な手法として、

「Q&Aサイトを参考にして書く」

という方法があります。

 

知恵袋を代表とするQ&Aサイトには、日本全国、

色々な人のリアルな悩みが寄せられているわけですよね。

 

で、知恵袋はこの「答えだけ」を書いている。

 

 

じゃあそのリアルな悩みを参考にして、

知恵袋以上にしっかりと答えてあげられる記事を書けば良い、

というのが、このキーワード選定の考え方ですね。

 

 

私たちのブログ記事では、答えだけではなく、

色々な提案、アドバイスまで入れて書くはずです。

 

そうすると当然、知恵袋よりもはるかに濃い記事になりますから、

知恵袋よりも上位表示できることは間違いありません。

 

 

まだ知恵袋が1ページ目などの上位に残っているという事は、

他のアドセンサーが参入していない、

もしくは知恵袋にすら勝てない記事しか書いていない、

という判断ができますから、

狙い目のキーワードと言うわけですね。

 

 

だからこの記事の書き方が超王道的な方法、

として採用されているわけです。

 

 

ここまではなんとか理解できますか?

 

 

もし理屈的なことが分からなくても・・・大丈夫です。笑

大切なのはここからですから。

 

 

「知恵袋は弱い」

これだけはしっかりと認識して頂けていると思います。

 

 

じゃあ「なぜ知恵袋を探すのか?」をもっとシンプルに言いますね。

 

 

『弱いライバルを探す』って事です。

 

 

よくキーワード選定の方法で、

こんな事言われたことありませんか?

 

「ライバルがいないキーワードを探しましょう!」

 

よーく考えてみたら分かると思うんですが、

ライバルがいないキーワードなんて、

ほぼありません。

 

少なくとも、まだ結果が出てないあなたが

簡単に見つけられるなんてありえ無いんですよ。

 

 

もしあなたが見つけたと思ってても、

そもそもの誰も調べないようなキーワードで、

誰も見向きもしないようなもの。

 

しっかりと稼げるキーワードで、しかもライバルが一人もいない。

そんなキーワード、超ベテランですら、

なかなか見つけられないんです。

 

 

だから根本的に考え方を変えましょう。

 

 

『弱いライバルを見つけて踏み台にする!』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

・・・人として最低ですね。笑・・・

 

 

でも良いんです。

世の中やったもん勝ち、稼いだもん勝ちなんですから。

 

 

他のどんな仕事でもそうでしょ。

 

 

例えばあなたが何かお店を始めるとします。

 

東京のど真ん中に今さら無名のコンビニを始めて、

稼げるイメージって出来ますか?

絶対に無理ですよね。

 

 

それなら、品揃えも悪くて寂れたスーパーが一軒しかなくて、

でも多少なりとも人口がいる。

 

おじいちゃんおばあちゃんが買い物に行くのも困っているような、

ちょっとした田舎の方が、まだ可能性ってありますよね。

サービス次第では、もの凄く儲かる可能性もありますし。

 

 

「まだ弱い時には、弱いライバルだけを探す。」

「そして確実に勝てる勝負だけをする。」

 

結果を出すため、稼ぐためには、これが本当に大切です。

ブログでも何でも同じことですよ。

 

 

じゃあ知恵袋や、他のQ&Aサイト以外に弱いライバルって、

何があるのか?

 

『無料ブログ』です。

これもよく言われていますよね。

 

 

無料ブログの場合にも色々と理由はありますが、

本気でアドセンス系ブログを育てている人が少ないので、

しょぼいレベルの記事しかない、という理由は大きいです。

 

だから無料ブログが上位表示されていたら、

ガンガンに踏み台にしてしまいましょう。

 

 

「ライバルがいないキーワードを探す」のではなく、

「弱いライバルを探す」と言うこと。

 

これがキーワード選定の本質です。

 

 

弱いライバルの探し方は色々とありますし、

ブログの強さによっても基準は変わります。

 

でも「知恵袋」や「無料ブログ」は、

まだ全然アクセスが来ていないレベルのブログでも

簡単に勝つことができるので、狙ってみてくださいね。

 

 

 

P.S.

 

 

こちらにも一応、

その方法を解説した動画を載せておきますね。

 


 

 

 

数秒もあればできますし、

やったら確実に結果出ますから、

ぜひぜひ実践してみてくださいね。

 

 

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
人気のページ
最近の投稿
カテゴリー