アドセンスブログの記事外注化!間違えるとメッチャ面倒くさいことに・・・

目安時間:約 7分

外注さんとのやりとりが、

すごく面倒くさくなってます。。。(笑)

 

 

この3日ほど、

「大量募集」として、一気に外注さんを募集しました。

 

 

で、コンタクトが来る人数が、

募集してから二日で、だいたい20人ほど。

 

私の性格上、連絡をくれた人には、

1分でも1秒でも、早く返事がしたい。

 

 

でも・・・

 

 

土日ならいざ知らず、週はじめの月曜日、

会議やら、メールやら、作業やらでバタバタしている時に、

昼間、たくさんメッセージをいただくと・・・

 

なかなか対処ができないんです!

 

 

しかもこのタイミングで、急な出張も重なってしまいましたし・・・

 

募集したのは私なんですが^^;

 

 

やっぱり主婦の方をたくさん集めようとすると、

どうしても昼間のメッセージが多いんですよね〜

 

 

サラリーマンが外注募集をかけるなら!忙しくない曜日を選ぼう!

 

 

今回は、完全に曜日を失敗してしまいました。

 

 

今まで、外注さんの募集をかける時は、

ほとんどが、木曜か金曜。

 

集まった人の絞り込みを、その土日にやっていたんです。

 

 

でも今回は、ちょっと予定がずれてしまって、

土曜日に募集をかけてしまったところ・・・

 

土日の応募が極端に少なくって、

月曜日に、一気にきてしまい、返信が追いつかない、

なんて事態に!

 

 

しまいには、会社のトイレにパソコンを持ち込んで、

ひっそりと返信作業(笑)

 

 

やっぱり、ちゃんと主婦さんが返信をくれる曜日を考えて

募集しないとダメですね。

 

 

テーマやキーワードが不足した!

 

 

しかも、準備していたテーマが

サンプル記事作成依頼だけで、不足してしまいました。

 

 

私が外注さんにサンプル依頼をする場合、

  • だいたい5個くらい、色々なジャンルのテーマを送って、
  • その中で書きやすいものを選んでもらう、

というやり方をしています。

 

ただこのやり方だと、

誰が、どのテーマを書いてくるのか分からない。。

 

 

結果、20人で100テーマが必要になってくるんです。

 

 

次からは、3個くらいに減らしてみて、

どのテーマの記事を書くのか?

を、ちゃんと先に連絡もらうようにします。

 

でないと、管理だけでバタバタしてしまいます^^;

 

 

何よりもめんどくさい事

 

 

そう。

 

外注さん募集をかけた時に、何よりもめんどくさい事。というか人。

 

ちゃんと文章を読まない人です。

 

 

「記事が書きやすいように、」

と渡しているライティングマニュアル。

 

100歩譲って、これは面倒くさいから読まない人もいるでしょう。

(しっかりと記事を書いてくれたら良いですから。)

 

 

でも、募集の概要くらいは読んで欲しいです!

 

 

「こちらから指定したテーマに対して記事を書いて欲しい」

とはっきり言っっているのに、

 

いきなり、

「野生の象の修正とは?」

なんてテーマの記事を送られてきても、

困ってしまいます(笑)

 

 

しかもだいたい、そんな人に限って、

何も挨拶もせずに、メッセージ本文に記事を書いてきたり、

たった300文字ほどで提出してきたり。

 

ちゃんと、

「Wordでの納品希望」

「1000文字以上」

って書いてあるんですけどね〜

 

 

なんて、ちょっと愚痴のように話しましたが、

実はこれ、あえてやっている部分もあるんです。

 

 

  • 概要をしっかりと書く事
  • しっかりとしたマニュアルを渡す事

 

 

実はこの段階で、絞っているんです。

 

 

長文でも、こちらが求めている事を理解しようとする。

 

この姿勢で、その人の仕事に対する姿勢がわかります。

 

 

私の場合、契約を結んだ後は、

記事修正をしてもらう事って、ほとんどありません。

 

 

この、「仕事に対する姿勢」がしっかりしている人は、

たとえ始めは文章力が低くても、一気に伸びます。

 

ほとんどの場合、サンプル記事で指摘してあげれば、

契約を結んだ後は、修正依頼はありません。

 

 

私が外注さんに記事依頼を始めてから、約一年。

 

この一年間、実は一度も修正依頼をした事ってないんです。

 

 

始めに振るいにかける

 

これ、本当に大切ですよ^^

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー