googleアドセンスのレスポンシブ広告種類を指定する方法

目安時間:約 5分

グーグルアドセンス広告サイズをレスポンシブ化する2つの方法

 

 

アドセンスの自動レスポンシブ広告ですが、

どの広告サイズ(縦長とか、横長とか)が表示されるか?

今まではグーグルにお任せ状態でした。

 

 

ただこれだと、なかなか報酬って上がってくれませんよね?

 

 

そこで今回は、どんな時でも表示される広告サイズを指定できる、

というコードの改変方法を、

ご紹介します。

 

人によっては、報酬が10%ほども上がってくれる場合もありますよ!

 

 

アドセンスコードの改変方法

 

 

まずは、自動レスポンシブの広告コードを取得しましょう。

 

「広告の設定」をクリックしてから、

「新しい広告ユニット」をクリックします。

 

スクリーンショット 2016-02-27 15.39.11

 

広告を管理するための「名前」を入れて、

「レスポンシブ」の広告ユニットを選びます。

スクリーンショット 2016-02-27 15.39.42

 

下にスクロールして、

「保存してコードを取得」をクリック。

スクリーンショット 2016-02-27 15.40.04

 

出てきたコードをコピーして、

Wordでも、メモ帳でも、貼り付けます。

スクリーンショット 2016-02-27 15.40.35

 

このような、コードになると思います。

 

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>

<!–  (仮) –>

<ins class=”adsbygoogle”

style=”display:block”

data-ad-client=”ca-pub-〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇”

data-ad-slot=”〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇”

data-ad-format=”auto”></ins>

<script>

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

</script>

 

 

変更する部分は、たった一つだけ。

 

 

下から4行目の、

data-ad-format=”auto“></ins>

を、

data-ad-format=”rectangle“></ins>

に改変してみてください。

 

 

すると、いつでもレクタングル広告が表示されるようになります。

 

 

広告種類の指定コード一覧

 

 

レクタングル以外の広告表示方法も、

お伝えしておきます。

 

 

一般的に、クリック率が一番高いと言われているのは

レクタングル広告。

 

ですので、他の広告サイズを表示する必要はないかもしれません。

 

 

ただ、もし

「私のブログは、レクタングルが一番クリック率が高い!」

なんてことがある場合。

 

こちらをお使いくださいね^^

 

 

横長にしたい場合

data-ad-format=”horizontal” ></ins>

 

縦長にしたい場合

data-ad-format=”vertical” ></ins>

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー