ワードプレスのバージョンアップは不具合が起きる!?最適な更新のタイミング

目安時間:約 5分

 

 

さてさて。

 

サーバーからのメールやら、

色々な人からのメルマガやらで、

もうかなり注意喚起がされてるので、

既に対処済みの人も多いと思います。

 

 

ただ、もし!万が一!

 

まだ対処してない人の為に、

再度、注意喚起しておきますね。

 

 

今あなたが運営してるワードプレスですけど、

そのバージョンって、何になってますか?

 

もし、WordPress4.7.0、WordPress4.7.1 だったら、

今すぐバックアップを取って、

WordPress4.7.2に更新して下さい。

 

外部から投稿内容が改ざんされてしまうという、

危険な状態になってます。

 

 

ちなみにこの改ざんですが・・・

 

 

「プロじゃなきゃ出来ない」

って内容じゃありません。

 

『素人でも出来る』

らしいです。だから危険!

 

 

実際に、WEBセキュリティ専門家さんが、

その過程をブログで公開してるので、

本当に誰でも出来るっぽいんですよね。

 

 

だから今すぐ更新しておいて下さい。

 

 

ちなみにですが・・・

 

 

私は、4.6.1で止まってました(笑)

 

めんどくさがりって事じゃなくって、

ブログ自体、人に任せてしまってるんで、

もう何か月も、放置しっぱなしなんですよね。

 

だから、プラグインの更新すらも、

まったくしてないという・・・。

 

 

せっかくなので今回、

すべてのブログを更新しておきました。

(存在すら忘れてるブログ、あると思いますけど…)

 

 

あと、

「すぐに更新したら、不具合が起きるって聞いたけど」

なんて不安な方も居ると思います。

 

これ、プロに聞いてみたところ、

「メジャーアップデート(4.6→4.7 等)の場合には、

プラグインやテーマに影響する場合もあるので、

自己責任で様子見もアリ。」

「ただ、マイナーアップデート(4.7.1→4.7.2)の場合には、

セキュリティの観点から、出来るだけすぐに行うべき」

との事でした。

 

 

いやー。勉強になりますね。

 

今後は・・・

更新も、外注さんにやってもらおう。笑

 

 

P.S.

 

 

今この記事って、

カフェで書いてるんですけどね。

 

オシャレっぽいでしょ(笑)

 

 

ではなくて。

 

東京のカフェで作業してると、

この業界の人ってけっこう見かけるんですよ。

 

知り合いとかじゃなくって、

聞こえてくる会話で分かるんですけど。

 

 

ネットビジネス系の人って、

一般マナーがなってない人って多いんですよね。

 

満員のカフェなのに、

荷物で席をいくつも確保してたり。

 

店員さんに、

「混みあってきたので、お荷物はカゴの中に…」

って言われても、

「オレ客だから。」

とか・・・。

 

 

いや、お金稼ぎの前に、

もっと常識を学んだ方が良いんじゃないのかなー。

 

なんて思って、この記事書いてます(笑)

 

 

 

・・・横から注意して、いい人ぶっておこう・・・

 

コメントは4件です

  1. まちあ より:

    ワードプレスって、使っていますがよくわかりません。
    どうして、そんな記事が書けるのですか?
    すごいです。

    • 草薙悠 より:

      まちあ様

      別にすごい記事を書いてるわけではないですよ。
      ただ良い情報を取得できる環境がある、というだけの事です。

  2. プラナ より:

    こんばんは!

    アップデートありましたね。
    確認してみたら出来てきたのでホッとしてます。

    でも、不具合までは気付かなかったです。
    常識のない人多いですね。
    私もそう言われないように気を付けないと。

    • 草薙悠 より:

      プラナ様

      いつもありがとうございます。
      バージョンアップって、けっこうプラグインにも不具合が起きるので、
      お気をつけくださいね。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー