トレンドブログのアクセスが増えない?記事タイトル5つのポイント

目安時間:約 9分

ブログの記事作成のコツとは?読みやすくて面白い文章にする方法

 

 

記事内容をしっかりと書く事。

 

 

これは、当然の話ですよね。

 

小学生レベルの文章を書いても、

誰も読んでくれません^^;

 

 

でもその前に大切なのは、

ブログにアクセスを集めること。

 

 

アクセスさえ集められれば、

文章力は、後で身につければ良いだけの話。

(少し極端かもしれませんけど。)

 

 

そして、ブログにアクセスを集める重要なことは、

こちらでお話しした、キーワード選定をしっかりすること。

 

キーワード選定方法を、しっかりと身につけておけば、

検索エンジンでの上位表示を狙う事が出来るようになります。

 

 

じゃあ、上位表示さえできたら、

すごくアクセスを集められるのか?というと、

一概には、そうとも言い切れないんです。

 

 

今回は、選定したキーワードを生かして、

ブログにアクセスを呼び込む為に重要な事をお話しします。

 

 

記事タイトルは非常に大切!

 

 

記事タイトルって、

思っているよりも、大切です。

 

ブログへの読者さんのほとんどは、

検索エンジン経由で訪問してくれます。

 

 

確かに、しっかりとキーワード選定をして、

記事が検索上位に上がってくると、

アクセス数は上がります。

 

 

でも記事タイトルが、あまりにも平凡すぎると・・・

 

人から見向きもされません。

 

 

例えば・・・

 

【1位の記事】

JALのビジネスクラスに乗ってみた感想

 

【2位の記事】

JALのビジネスクラスに乗ってみて感じた良い点!そして不満点を徹底レビュー!

 

 

どちらの記事の方が、読んでみたいと思いますか?

 

私なら、迷わず2位の記事です。

 

おそらくほとんどの人が、

2位の記事をクリックするはずです。

 

 

クリックする人が増えてくると、

1位の記事を追い越す事もあるでしょう。

 

 

1位の記事と、2位の記事の違いといえば、

ブログが元々持ってるパワーの違いなどがあります。

 

ですが、記事タイトルという、分かりやすい部分で違いを作る事で、

人を惹きつけて、アクセスを集める事が出来るようになります。

 

 

1位や2位といった位置じゃなくとも、

記事タイトルを魅力的に出来れば、

たとえ検索結果の2ページ目に来たとしても、

かなりのアクセスを稼げるようになってくるでしょう。

 

 

思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトルを考える

 

 

記事タイトルは、看板です。

 

思わずクリックしたくなるような、

魅力的なキャッチコピーを考えるようにしましょう。

 

 

5つのポイント

 

①必要性

 

情報を求めて検索している人に対して、

いかにこの情報が必要なのか?

という事を、記事タイトルで表現しましょう

 

例:

「トレンドブログを始めるなら絶対に知っておきたい○○○」

 

 

②緊急性

 

「すぐにこの情報を知っておかないと、取り返しがつかなくなりますよ!」

 

といったような、少し焦らせるようなテクニックです。

 

ただし、煽りすぎは危険なのでご注意を・・・

 

 

例:

「トレンドブログを始める前に!知っておくべき〇〇な事!」

 

 

③不安を突く

 

検索してくる人は、誰でも、

何かしらの不安があって調べ物をしています。

 

ですので、その気持ちを突くような表現をする事も、

一つの方法です。

 

 

ただし、こちらも煽りすぎにはご注意ください^^;

 

 

例:

「〇〇の手法は本当に効果があるのか?」

「実は全然効果が無かった!〇〇の嘘!」

 

 

④限定情報

 

検索で調べ物をしている人に対して、

今だけ公開している限定情報と、

差し迫った時間限定を指定すると、

かなりの確率で、アクセスを激増させる事ができます。

 

ただし、ブログでの公開である限り、不特定多数の人が見る事ができるので

「限定」という特別性は難しい場合があります。

 

例:

「このブログだけで暴露!〇〇の真実!」

 

 

⑤有名な事を利用する

 

誰もが知っているような有名な事を利用して、

その権威に乗っかる事も、信用してもらうための一つの方法です。

 

 

ただし、芸能人の名前を使う事は、

出来るだけやめておいた方が良いでしょう。

 

ブログアクセス数を増やす前に!アドセンス禁止事項10コンテンツ!

 

 

大手企業やマスコミがしているような、

「〇〇さんもやっている!」

という方法は、お金を使って、本当にやっている場合が多いです。

 

もしくは、

「〇〇さんもやっている?!」

といったような、不確定な感じをつける事で、

少し逃げ道を作っている場合もあります。

(これも危険かもしれないので、実行する場合には自己責任で^^;)

 

 

例:

「今メディアで話題の〇〇をご紹介!」

 

 

まとめ

 

 

「この記事タイトル、魅力的なのかな?」

 

なんて疑問に思ったら、

身近な人にチェックしてもらう事も良いでしょう。

 

客観的に、第三者の目から見てもらうことで、

実際の世間の評価が分かります。

 

 

もしかしたら、自分では思いもよらなかったような表現の

アドバイスを貰えるかも?

 

 

ブログのアクセスを増やすには?参考になる記事タイトルの探し方

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー