事実、現実を隠して信奉者を増やす宗教的ビジネス

目安時間 7分

GWが始まりましたが、

あなたはいかがお過ごしでしょうか。

 

私はというと、

これまでにないほど、

動き回ってます。

 

遊びですけど。笑

 

 

絵本作家さんの

展示会に行ったり、

餃子フェスに行ったり。

 

今も妻の実家に里帰り中で、

今週末はプールに行ったり、

箱根に行く予定もしています。

 

 

とまあこんな感じで、

今でこそ遊んでますが、

 

ほんの数年前までは、

GWはずーっと、

仕事ばかりしてました。

 

遊んだ記憶は全くありません。

 

 

行きつけのカフェに

朝一から行って、

昼まで仕事。

 

午後からは、

また別のカフェに行って、

夕方まで仕事。

 

夕方からは・・・

 

 

こんな感じで

頑張った時期があったからこそ、

今があると思っています。

 

 

もちろん全ての人が、

当時の私と同じように、

ずーっと仕事できるわけでは

ありません。

 

当時の私は離婚直後でしたから、

全ての時間を自分に使う事ができました。

 

メンタルも相当やられていたので、

人と関わる気持ち、余裕もなかったので、

アフィリの作業に没頭できた、

というのもあります。

 

 

私と同じように、

離婚して自分の時間を作りましょう、

なんて事は無理でしょう。

 

まあしても良いんですけど。笑

 

 

でもやはり何を実践するにしても、

がむしゃらに頑張る時期というのは、

絶対的に必要です。

 

 

 

多くのメルマガを見ていると、

「こんなに簡単に・・・」

「努力も何もしなくても・・・」

的なフレーズ、よく見ますよね。

 

これって実際には、

「がむしゃらに努力した結果」

なんですよ。

 

 

がむしゃらに努力した結果、

こんなに簡単に稼げるようになるよー。

 

がむしゃらに努力した結果、

努力も何もしなくても、

稼げるようになるよー。

 

 

よーく考えてみてください。

 

あなたが呼んでるメルマガで、

「本当に努力も何もせずに稼げるようになった人」

を誰か一人でも知っていますか?

 

いないですよね。

 

結局は大なり小なり、

がむしゃらに努力する時期というのは、

絶対的に必要なんですよ。

 

 

 

私は昔から、

「徹底的に楽をする」

「徹底的に手を抜く」

ということを意識して、

仕事をしています。

 

 

ただこれは

「はじめから楽をする」

「はじめから手を抜く」

という事ではありません。

 

 

楽が出来るように、

手が抜けるように、

仕組みを作り上げる、

ということ。

 

そのための努力は惜しまない、

という事です。

 

 

ここを勘違いしてしまうと、

なんとなく楽そうなノウハウ探して、

いろいろなノウハウを渡り歩くだけで、

いつまで経っても結果が出ない、

よくあるノウハウコレクターになってしまう。

 

気がついたら5年、10年と経ってしまって、

お金も数百万円使ってしまった……

 

なんて事になるわけです。

 

 

 

こういった現実を、

あなたは聞きたくないかもしれません。

 

現実を聞くと、

やる気を無くしてしまうかもしれません。

 

 

でも「努力しないと稼げない」のは、

紛れもない事実なんですよ。

 

その事実、現実を隠して、

いい話ばかりするのは、

私は出来ないんですよね。

 

 

もちろん事実、現実を隠して、

良い話ばかりをした方が、

喜ぶ人も多い事は知ってます。

 

その方が私のことを盲目的に

信奉する人も増えるでしょうから、

すると紹介する教材や塾なんかも、

ガンガン売れやすくなって、

稼ぎやすくなることも間違いありません。

 

 

でもそんな事しても、

結果として失敗する人や挫折する人、

迷走して散財してしまう人を、

ただ無意味に増やしてしまう

だけじゃないですか。

 

それってなんか、

私の考え方と違うんですよね。

 

 

いくら自分のことを信じる人が増えて、

いくらお金が稼げても、

挫折する人ばかりが増えてしまったら、

それってむなしいと思うんですよね。

 

 

だから私は、

あなたが結果が出せるようになる為に、

稼げるようになる為に、

事実、現実をお話しします。

 

 

稼げるようになる為には、

がむしゃらに頑張る時期は必ず必要。

 

でもがむしゃらに頑張ったその先には、

人生を大きく変える事ができます。

 

諦めなければ必ず結果は出ますので、

それを忘れないようにして下さいね。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
カテゴリー