アフィリエイト記事を外注するなら自分がプロじゃないとダメなのか?

目安時間:約 13分

 

 

外注するなら、

自分がプロじゃないとダメなんでしょうか?

 

 

 

こんなメールを頂きました。

 

 

———-ここから———-

 

私はほかの方のメルマガも読ませてもらってるのですが、

悠さんとは少し違う考えの方ももちろんいて

 

その中で、外注についてなんですが

ある程度自分で記事を書いてからやるべきだと

おっしゃってるかたもいます。

 

自分がブログのプロになってから外注はするべきだと。

 

 

もっともだと思いましたが

私が手が止まったのは、記事作成の段階でしたので、

どうしても書けない私のような者は

ブログのプロになる前にいきなり外注をしても

いいものかと悩んでいます。

 

———-ここまで———-

(原文そのまま)

 

 

 

もっともな意見だと思います。

 

 

「ちゃんと自分で記事を書けるようになってから。」

 

もちろん、その方が良いに決まっています。

 

 

外注さんへの指示も、

より的確に出来るようになりますし、

質問にも答えやすくなりますし。

 

 

 

 

 

 

でも、ですよ。

 

 

 

 

 

 

いつになったら?

何記事を書いたら?

 

あなたは「プロ」になれるんでしょうか。

 

 

 

100記事?500記事?1000記事?

 

 

私は、アフィリエイターとしての、

最低限の記事、文章を書けるようになるには、

最低でも1000記事くらいは書かないと、

身に付かないと思っています。

 

 

それでも、雑誌や新聞のライターさんと比べたら、

まだまだ甘い。

 

 

 

 

あなたは、1000記事、2000記事も、

自分一人で書き続けられますか?

 

 

無理ですよね。

 

 

 

 

今までに一度でも、

ブログに100記事も投稿できましたか?

 

 

やってませんよね。

 

出来るなら、もうとっくに稼いでるはずです。

 

 

 

 

あなたは今まで何年間、

ネットビジネスで夢見てきましたか?

 

1年?5年?10年?

 

 

 

無理なんですよ。自分だけだと。

 

 

 

ライティング力が必要?

 

 

そりゃ、本を販売するのなら、

しっかりとしたライティング力は

必要になってきますよ。

 

だって、お金を貰って販売しているんですから。

 

 

 

でもブログの記事って、無料ですよね。

 

ネットさえ使えれば、だれでも読めますよね。

 

 

 

無料の記事を投稿して、

色々な人に見てもらう。

 

 

面白ければ、最後まで読んでもらえますし、

つまらなければ、すぐに消すだけ。

 

 

で、勝手に表示されてるアドセンス広告を、

運よくクリックして貰えれば、

報酬がもらえる。

 

 

 

記事を読むのに、お金は必要ありません。

 

広告をクリックしても、

訪問者さんはお金は必要ありません。

 

商品を買うかどうかは、

広告主さんの販売ページの責任です。

 

 

 

私たちは、その広告をクリックするように、

誘導すらもしません。

 

あくまでも好きな事を書いている記事に、

googleが適切な広告を考えて、

表示してるだけ。

 

 

 

 

プロである必要って、ありますか?

 

 

アドセンスの規約に、

「プロのライターさん限定」

なんて文言、入っていないですよね。

 

 

 

 

ブログって、そんな堅苦しいものじゃないんです。

 

 

「自分が書きたい、発信したい情報を書いていく。」

 

その為の ツール=ブログ です。

 

 

だから、プロである必要なんて、

まったくありません。

 

 

 

 

とは言っても、稼ごうと思ったら、

好きなように書いただけだと無理。

 

 

だから、自分が書きたい事を書くんじゃなくて、

「多くの人が欲しいと思っている情報を、ブログに書く」

という事をしているだけ。

 

 

 

  • アクセスが集まる記事を書く

  • 多くの人が欲している情報を提供している

 

 

ただこれだけで、プロが書いた記事じゃなくても、

その記事には価値があるんです。

 

 

 

 

極論かもしれませんが、

 

「バレンタインにお勧めのチョコは?」

「モロゾフです」

 

 

こんな記事でも良いんですよ。

 

 

めんどくさがりの人にとっては、

たったこれだけの文章の方が、

迷わなくて良いと思いませんか?

 

 

 

 

でもこれだと、余りにも情報が少な過ぎて、

検索エンジンの評価も良くないので、

 

  • 最近は、こんなチョコが人気
  • 男性のタイプごとで、お勧めのチョコ
  • チョコだけじゃなく、喜んでもらえる演出は?

 

などと肉付けして、記事にしていきます。

 

 

 

肉付けする時に、少し面白いエピソードを入れたり、

自分の体験談を入れる事。

 

そうやってオリジナル性を出していくのが、

ブログの役割。

 

 

これは、本や雑誌なんかでは出来ない事ですよね。

 

 

 

だからブログの記事なんて、

誰が書いても良いって事なんです。

 

 

漢字が書けない女子高生でも。

ゲーム好きな小学生でも。

初めてパソコンを触るお婆ちゃんでも。

 

だれが書いても良いんです。

 

 

 

そんなブログに、

ただアドセンス広告を載せてるだけ。

 

難しくないですよね。

 

 

 

そして、

「効率良く、最短で報酬を上げるため」に、

突き詰めた方法の一つとして、

外注さんに書いてもらうということ。

 

 

 

「誰が書いても良い」

ってことは、あなたじゃなくても良い。

 

外注さんに書いてもらっても良いって事です。

 

 

 

なにも自分がプロになる必要はありませんし、

プロのライターさんに書いてもらう必要もありません。

 

 

 

 

始めにも言いましたが、

自分のライティング力が高いに越したことはありませんし、

外注さんも、文章が上手であるに越したことはありません。

 

 

でもいつになったら、

  • 外注さんに出して良いレベル
  • 自分で納得が出来るレベル

まで、あなたのライティングスキルは上がりますか?

 

 

 

 

10万円、20万円くらいであれば、

極論、どんな記事でもブログでも、

稼げるんです。

 

 

 

あなたは今まで、

そうやって自分で記事を書こうとして、

どこまで続けられましたか?

 

続けられてませんよね。

 

だって続けていたら、

もうとっくに稼げるようになってますから。

 

 

 

 

理想を言えば、キリがありません。

 

 

今、あなたが目指すところは何ですか?

 

「0→1」にする事のはずですよね。

 

 

 

自分で記事を書き続けられるなら、

頑張って下さい。

 

 

でも無理なら、

外注さんに書いてもらいましょう。

 

 

 

「ブログの記事は、誰がどんな事を書いても良い」

 

こういう本質を、一度しっかりと考えてみてください。

 

 

そして、今のあなたが最優先にしなければいけない事を、

しっかりと考えてみてください。

 

コメントは4件です

  1. いずてん より:

    ブログへの投稿難しいですね。
    確かに、プロ、アマはあるのか?
    ただ、やはり個人的には、自分が書けないままで、
    外注するのは、単にゴーストライターにしかならずで、
    あまり関心できないと思います。
    自分にも実力があり、それをコピーする外注でアウトプットを
    拡げていくというようにしたいと思いました。

    • 草薙悠 より:

      いずてん様

      コメントありがとうございます。

      特に自分というキャラクターを見せるというブログ形態ではなく、
      外注さんの個性、キャラクターで記事を書いてもらっているので、
      ゴーストライターというわけではありません。

      ただ、自分で記事を書けるに越したことはありませんし、
      人それぞれの考え方、価値観があるので、
      頑張ってください^^

  2. QooAIBO より:

    こんばんは。
    ブログに記事を継続して投稿するのって、
    本当に大変です。
    だから挫折する人が後を絶たないわけですね。
    自分の思ったことを気ままに投稿するだけのブログならいざ知らず、
    アドセンスやアフィリで収益を上げようとしているブログには、
    ある程度外注することもありなのかなと思いました。

    • 草薙悠 より:

      QooAIBO様

      コメントありがとうございます。

      趣味でブログを運営しつつ、ちょっとお小遣い稼ぎくらいでいいなら、
      好きに書けばいいんですが・・・

      ある程度稼いでいきたいなら、効率化は考えるべきだと、
      私は思っています。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー