「ブログ記事の外注価格が高騰している」という情報の真偽

目安時間:約 8分

 

私がずーっと言い続けてる、

「地元ネタで記事書いたら良いよー。」

なんですが、最近ガンガン結果報告をいただいてます。

 

ほとんどの人は3日以内に上位表示できてるとのこと。

中には2〜3時間以内に1位表示できて、

いきなりその記事だけで1000PVを超えたなんて報告も頂いてます。

 

こんな方とか。

 

Jさん

 

草薙さんが最近お話しされているイベント記事ですが、

GW初日に行った地元のイベント記事をその日中に投稿してみたところ

これがそこそこ当たりまして!

 

ライバルガラガラだったのとなぜかインデックスも早かったようで、

5分後には狙ったワードで2位に。(今確認したらいくつかのキーワードで一位になっていました)

本当にびっくりしました!

 

急いで書いたので半分やっつけ記事だったのですが、とりあえず投稿してみるものですね。

 

 

やっぱやったもん勝ちでしょ。笑

 

 

「地方のイベント記事を書く」って、

今までも色々な教材や塾でも言われてきていることなんですけどね。

いかに今まで誰もやってこなかったかが分かります。

 

とは言っても一概に、実践者さんが悪いとは思いません。

 

確かに言われてもやらないのはダメですが、

それをいかに実践する気持ちになってもらうか?

楽に、分かりやすく説明するか?

 

が私たち情報発信者、教材販売者の責任なんだろうなと思います。

 

 

しっかりと理由を説明したり、具体的に解説していたり、

といった事が、今までいかに誰もしてなかったかが分かる事例ですね。

 

 

そういう意味では某王道教材なんかは、

面白いことやってますよね。

 

定期的に勉強会を有料で開催して、

その動画を購入者通信で配布したりしてるんですが、

その内容が面白い。

 

「外注化なんてやっても意味がない」

「特にここ数年、どんどん外注化格が上がっている」

「高い記事で、しかもクオリティが低い記事なんて意味がない」

とか言ってます。

 

 

実際にはここ数年、外注さんの価格はどんどん下がってるんですが、

購入者さんに実践してもらう、という意識付けのためには効果は高いですよね。

 

 

私のところにも、その教材の購入者さん達が、

「自分で記事を書くのがつらいです。」

「外注化って、どうなんでしょう・・・?」

って頻繁に相談を頂きます。

 

FAAPの影響からか、外注化が勢いがあって、

その「自分で記事を書く」系のアドセンス教材も

大きく影響受けてるんでしょうね。

 

 

実際、もうあの内容じゃ結果なんてなかなか出ないし。

4年以上も経ってるのに、

内容もほぼブラッシュアップしてないですからね。

 

当時はキーワード選定とかも「フワッ」と解説してても、

センスがない人でもそれなりに結果は出たんですけど、

今はもう、しっかりとやらないと無理なんですよねー。

 

まあ、しっかりと裏付けがあるロジックをマニュアル化出来ないから、

結果が出ない購入者さんが急増しているんだと思います。

 

 

あとこの事例からも読み取れるんですが、

情報発信者なんて、ほとんどの人が

自分の都合の良いことしか言わないですよ。

 

「自分で記事を書きましょう。」って言ってる人たちが、

外注を否定しても説得力がないですよね。

 

だって自分で実践していないんですから。

多少はかじったとしても、それを本気でやってないわけですから。

 

 

メルマガを読むときは、

  • そもそもこの人は、本当に実践したのか?」
  • 実践していない人が言う事にどこまで信憑性があるのか?

などをしっかりと考えながら読むようにした方が良いですよ。

 

 

ちなみに「外注価格が高騰している」という情報の真偽なんですが、

一部は上がっていますが、ちゃんとした外注費用はむしろ下がっています。

 

まず上がっている部分は、「〇〇〇ライティング」とか

「サグー〇〇〇〇」などの記事販売サービスですね。

 

こちらは上がってます。でもクオリティは下がってます。笑

 

前に一度ご紹介しましたが、

1記事1万円、50万円分の記事を発注した某アフィリエイターさんが、

アドセンス審査に落ちたぐらいレベルは低いです。笑

 

 

でもランサーズやクラウドワークスなどでは、大幅に下がってます。

私の教材の影響だと思いますけど。笑

 

特にクラウドワークスでは、1000文字80円で募集してる、

という人でなし・・・ツワモノからも報告来てるくらいです。

 

でもこれくらいの記事でもしっかりとアカウント通りますし、

稼げるんですよね。

 

 

この事例から分かるように、

メルマガで言われてることを安易に信じず、

本当のこと、本質の部分をしっかりと見極めるようにして下さいね。

 

 

 

P.S.

 

 

「1記事1万円、50万円も使って記事を買ったのに、審査に落ちた」

ってギャグみたいでしょ。笑

 

そんなにも高いのにクオリティが低い、

酷い記事のサービスも多いって事です。

 

 

でもその記事販売サービスをを使って、

サイトを作って販売してる人もいるんですよ。実は。

 

ほんと、気をつけた方がいいですよ。

 

 

コメントは2件です

  1. takeshi より:

    こんばんは、ランキングからきましたtakeshiです。
    ブログの外注化、してみたいと思っていました。
    でも、「1記事1万円、50万円も使って記事を買ったのに、審査に落ちた。」
    なんて、しゃれにならないですね。
    また、訪問させて頂きます。

  2. かなちん より:

    こんにちは。
    いつも読ませていただいてます。

    地元ネタ、面白そうです。楽しみながら頑張ってみます。

    ありがとうございます。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
カテゴリー