4万9千円で買ったら、1万円で売れました。

目安時間:約 10分

先日の記事投稿をした後、

「アホアホ言い過ぎたかなー…」

 

なんて思ってたんですけど、

意外とみなさん慣れてきたようで…

 

好意的な意見をたくさん頂きました。

 

「私もカッコイイを目指さずに、アホを目指します!」

とか。

 

 

いやいや、アホは目指さないようにしましょうね。笑

 

あくまでも目指すのは、

「アホみたいに作業に打ち込みこと」

「アホみたいに突っ走ること」

です。

 

アホはダメですよ、アホは。

 

 

それにしても、なんか最近、

みなさん慣れてきたようですねー。

 

「刺激が足りません!」

「もっと過激な記事やメルマガをお願いします!」

とか。

 

 

いやいや、私に求めるものを間違ってますよ。笑

 

あくまでも私のブログやメルマガでは、

「ネットビジネスで稼ぐ為の情報」を発信しているんですから。

刺激とか求められても困ります。

 

ちょっと厳しめの事をいう時もありますけど、

あくまでもそれは愛情の裏返しですからね。

 

 

愛情と言えば、

ちょっと前にアフィリエイターの友人数人と話してた時に、

こんな会話になりました。

 

 

A「大阪の人って、普段の会話から自分の事だけじゃなく、

相手の人も落とすよねー。他の地域じゃあ考えられないなー。」

 

草「最近はそんな事ないでー。

東京のテレビでも関西の人が増えてきた影響やと思うけど、

人のことを落とす人も増えてきてる気がするわー。」

 

B「そういやそうかも。でもさー、なーんか違うんよねー。

確かに大阪人はディスりも多いけど、愛情があるというかなんというか。」

 

草「そう。そこは全然違う。

だからみんな人をディスりながらも、自分の事も落としてるやん?

それが、愛を持って落としてるか、マウンティングしてるだけか、

の見分け方やで。」

 

B「なるほどなるほど。メルマガとか読んでても違いって出てるねー。

人の事や他のジャンルのディスりをしてるだけって人とか。

それが読んでて気分悪くなるか、楽しめるかの違いって事なのかー。」

 

 

だいたいこんな感じだったと思います。笑

 

 

もともと大阪という地域は、

態度が横柄な人が非常に多いですし、

言葉も物凄く汚いです。(※個人的主観です。)

 

会話のテンポも早いですし、かなり雑なやり取りも多いです。

だから他の地域の人からしたら、

「なんか怖い・・・」

と思われているかもしれません。

 

 

テレビで見る分には良いんですけど、

でも実際にあの中で会話すると考えたらしんどいでしょ?

 

でも芸人さんなんかが増えてきたので、

そのやり取りを表面上だけ真似る人も増えてきた結果、

「人を落とす」という事だけを真似る人も増えてきました。

 

私は東京に住んで○○年なんですけど、

来た当初と比べたら、

「なんかイラっとするなーこの人。」

って事がかなり増えてきました。

 

 

大阪の人って、ほぼ全ての会話で人を落とします。

 

でもよーく聞いてて欲しいんですけど、

絶対にそれだけじゃ終わりません。

 

自分を落としたり、周囲を落としたり、

必ず「落とした人を持ち上げる」事も忘れていません。

 

実際に大阪の人と話をしたら分かるんですけどね、これって。

 

 

メルマガなんかでも多いですよね。

ただ単に「自分は凄い人」と見せるだけの為に、

ディスってるだけのメルマガって。

 

有名だったり力がある人にだけすり寄って行ったり。

「あの人は天才です!」とかコソッとメルマガで媚を売ったり。

 

 

しかもそんな人に限って矛盾したことを言ってる場合も多いです。

 

「自分で記事を書いた方がやっぱり稼げる」とか言いながら、

「外注化を教えます。」とか矛盾すること言ってたりとか。笑

 

きれいごとを言ってても、

ちゃんと読者さんや、他のアフィリエイターさんには

バレてるもんなんですけどね。

 

 

何が言いたいのかというと、

そんな感じでメルマガを読んでみると

けっこう面白いと思いますよって事です。

 

 

新しくメルマガ登録した時にも、

ステップメールが終わった後の配信を

よーく見てください。

 

その辺りでけっこう人の本音って見え隠れしますから。

 

 

 

え?今日の落ちは無いのかって?

ありません。笑

 

「マウンティングしてる人をディスって終わり」です。笑

 

 

 

●● P.S. ●●

 

 

今日の記事の件名って気になりませんか?

「4万9千円で買ったら、1万円で売れました。」って。

 

意味不明ですよね。

大損してるんですから。

 

 

何を売ったのかというと、バイクです。

ホンダのスーパーカブ(90)。

定価にすると26〜27万円くらいです。

 

新聞配達とか、そば屋の出前とかで使われてる、

日本人なら誰もが知ってるやつですね。

 

 

昨日売ったカブは、まだ私が学生の頃、

2001年に購入しました。

 

これ聞くだけで凄いでしょ。

買ってから17年も経ってるんですから。笑

 

 

でも実はですねー、

私が勝った時点で、もう既に中古でした。

しかも「年式不明」で購入したんですよ。

 

いつ製造されたのかも分からないカブだから、

定価27万のものを4万9千円で買うことができました。

 

 

そして私はこのバイクを使って、

学校の通学に使ったり、通勤に使ったりしまくったわけです。

 

通学はまあ置いといて、

通勤なんて、片道2時間半もかかる道のり。

 

一ヶ月の交通費は5万5千円もかかるんですけど、

バイク通勤だと1日400円で済むんですから、

1ヶ月で元とってる計算になります。

 

 

まあそんなこんなで乗り倒したバイクなんですけど、

ここ1年ほどは自転車ばっかりだったんで、

全然乗ってなかったんですよねー。

 

やっぱり乗ってないと、

どんどん劣化していってたので、

売っぱらってしまったわけです。

 

 

ただ正直な話、

「引き取れません。」

と言われる事も覚悟してました。

 

かなりボロボロでしたし、

私が買ってからでも17年ですからねぇ。

 

いくら購入する時に、

「カブだったら、売る時でも根が下がりにくいから」

と思って選んだといっても、さすがに限度があります。

 

今回処分するために、

実際に製造年を業者さんに調べてもらったんですけど、

1993年に製造されてる事も分かりましたし。

 

 

製造されてから25年ですよ。

ほんっと凄まじい寿命です。笑

 

 

そんなにも古いにも関わらず、

1万円もの査定をつけてくれたんですよ、バイク王さん。

ほんと感謝です。

 

 

え?こっちの落ちですか?

「バイクを買うならカブを買おう!」

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー