ブログ記事の外注費用!はじめは相場より安くても大丈夫!

目安時間:約 7分

私が外注さんと契約する時の注意点として。

 

どんなにクオリティが高い人でも、

1回目の契約は、まずは5記事ずつからとしています。

 

 

以前は、はじめから50記事の契約で始めていたんですが、

途中で連絡が無くなる人も続出していたんで。。。

 

まあ、まだ稼げていなかった時には、

「やったっ!途中で消えたから支払いしなくて良くなったっ!」

なんてセコイ考えでやってたんですけど^^;

 

 

さすがに稼げるようになってきてからは、

その管理にかかる手間の方がもったいない!

 

途中で辞めるにしても、ちゃんと連絡をもらってからの方が楽です。

 

支払う金額も、実際にはたいしたことないですし(笑)

 

 

始めの5記事だけで終わる人も時々いる

 

 

募集してから2日ほどで契約まで進んだ人は、

約10人。

 

 

だったんですが・・・

 

 

契約している一人の方から、

こんなメッセージがきました。

 

 

大変申し訳ありませんが、

金額内容的に私の納得できる仕事を見つけまして、

そちらに集中したいので、

今回のお話見送らせてください。

 

いい経験をさせていただきありがとうございました。

感謝致します。

 

 

分かりやすいですね(笑)

 

 

「仕事をする上で、何よりも大切なのはお金」

 

私は、この考えは全く否定しません。

事実、私は破格の安さで募集、契約してるので(笑)

 

 

去るものは追わない方が良い

 

 

ここで間違ってはいけない事は、

「去る者は追わない」

という事。

 

もともと、こちらが提示している金額で、

他のたくさんの方々と契約しています。

 

 

ですので、こんな事を言われたからといって、

この人だけ特別に金額UPなんてしてしまうと、

他の方々へ失礼です。

 

礼儀を欠いてしまう事となります。

 

 

次回以降の募集でも、

金額を高く設定しないといけなくなってしまいます。

 

 

もちろん、能力によって金額をUPする事は必要です。

 

 

  • 記事作成スピードが異常に早い!
  • 記事内容が濃くて、内容も多い!
  • 報連相をしっかりとしてくれる!

 

など、自分にとって価値が高くて、

これからもずっと繋ぎとめておきたい。

 

こんな場合のみ、金額をUPするべきです。

 

 

ただ今回の場合、私から見ると「普通のクオリティ」の方でした。

 

可もなく不可もなく、というより、

少し手間がかかってしまう人でした。

 

 

2度ほど

「Wordで送ってもらう事ってできますか??^^」

なんて優しく言っていたんですが・・・

 

「やり方がわかりません」

なんて返答でした。

 

 

ですので、追いません(笑)

 

 

稼げるようになるまで外注費をUPする必要はない!

 

 

アドセンスブログを始めたばかりの時って・・・

 

「本当にこんなんで稼げるの・・・?」

と、心のどこかで思っているはず。

 

ちなみに私は思ってました^^;

 

 

だから、少しでも出来るだけ安い単価で契約したいはずです。

 

 

そんな時期に単価交渉をされても、

「そんなこと言われても・・・」

なんて気持ちになってしまいますよね。

 

 

今、この実践記で作ろうとしている新規ブログでは、

まだ、1円も稼げていません。

(まだドメインすら取っていないんで、当たり前ですけど^^;)

 

ですので、一切の単価交渉に応じるつもりはありません。

 

 

外注費をUPするのは、

実際に報酬が上がり始めてからで十分です。

 

 

目安としては、月に1〜2万円?くらい。

 

ここまでくれば、多少UPしても、大きく利益が上回ります。

 

 

単価を上げれば、外注さんの定着率も上がるので、

また一から教える必要がなくなります。

 

「阿吽の呼吸」で、どんどん記事が納品されてきますので、

放っておいてもブログが育っていきます。

 

 

まずはここまで、のんびりと外注さんと付き合いましょう^^

 

 

 

2週間過ぎて、現在の契約人数は15名。

 

もう少し増やさないとな〜

 

 

ということで、もう少し募集してみます。

(確定申告が終わってからですけど・・・)

 

 

記事タイトル作成でセンスがいい人が、

なかなか見つからないんですよね〜

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー