トレンド系アフィリエイトブログは稼げる!それでも私が絶対にやらない理由

目安時間:約 8分

 

先週末の大阪でのお茶会の時に、

ちょっと気になった事がありました。

 

 

参加者さんのお一人が、

王道系の某アドセンス教材を

実践してるんですけどね。

 

そのジャンルが、「トレンド」なんですよ。

いわゆる芸能系や、

時事ニュースといったジャンルです。

 

 

私は以前からお話ししてますが、

このジャンルはお勧めしていません。

 

特に芸能系は危険です。

そもそも人の私生活などでお金を稼ぐ、

という事にも、個人的に抵抗感がある事も、

理由の一つ。

 

それだけじゃなく、テーマの選び方によっては、

今この瞬間だけの需要になってしまって、

資産にはなりません。

 

そうすると、常に芸能情報ばかりを

追い求めていかないといけませんので、

かなり疲れます。

 

会社員の副業だったり、主婦のお小遣い稼ぎ、

といったレベルじゃ、なかなか太刀打ちできません。

 

 

それならまだ、時事ニュースの方が良いでしょう。

 

例えばTPPとか。

この手のジャンルは、今ニュースでやっていたとしても、

定期的に話題になります。

 

私も一度、意図せずTPPの記事を書きましたが、

ニュースに取り上げられるたびに、

定期的にアクセスを集めてくれています。

 

 

他には、ちょっと芸能系には入りますが、

グラミー賞とかエミー賞とか。

これもそこそこ稼いでくれてます。

(一時期、アメリカドラマのGleeにはまってた時に、

自分で書きました。笑)

 

 

こういった、後になっても

時々検索されるようなテーマならまだ、

ミドルレンジキーワードとも言えるので、

資産記事とも言えますよね。

 

 

で、このトレンド系と呼ばれるジャンルのブログを

運営している方への注意点としては、

やっぱり画像です。

 

芸能人の画像を勝手に使うと、

肖像権に抵触します。

事務所から訴えられてしまったりします。

 

 

あとは、「これくらいなら良いだろう」的な感じで、

他のサイトからの転用ですね。

というか無断盗用。

 

これ、実はかなりの人が、

悪意なくやってしまってる事なんですけど、

犯罪ですからね。

 

賠償請求されるって事例も増えてますし。

 

 

ちょっとグーグルで、

「写真 無断」とかで検索してみて下さい。

 

 

【決着】写真を無断使用されたので、使用料金をご請求した件

とか、

 

他人の無断撮影写真をネットに掲載すると、こんな怖い結果に – Naverまとめ

とか、

 

許すな写真泥棒 – アサヒカメラ、3月号で無断使用追及特集を再掲載

って記事も出てきました。

 

 

これらを呼んだら、画像の無断転載がいかに怖いかが、

ハッキリと分かるはずです。

 

おーこわっ!

 

 

ほんっとうに、他の記事から無断で画像を使うのは、

やめておいて下さいね。

 

無断転載とか、

そんな事をしないとできないようなブログ運営は、

やめておいたほうが良いでしょう。

 

 

って事で、当たればデカいと言われつつも、

芸能系を私が選ばなかった理由は、

コレです。

 

 

放置してても稼げるブログって、

本当に楽ですよー。

 

9月から一度も更新してないブログでも、

ずっと稼ぎ続けてくれてますから。

 

こちらもまた近々に、

アクセス解析を報告しますねー。

 

 

ちなみに、「時事ニュース」は、

アクセスの底上げにはもの凄く効果的なので、

上手く使ってみて下さい。

 

記事を書くのに、

かなりの勉強は必要ですけど。笑

 

 

P.S.

 

 

→ 先日の記事の内容、

ちょっとややこしかったですかね。

 

↓これ

アドセンスの王道系の各教材では、

1000文字以上と書かれてますが、

これって、本当に最低レベル。

 

3000文字とか5000文字とか、

本気で書いたらそれくらい必要になってくるはずです。

 

私が思ってた事と、

違う解釈された方がいらっしゃいました。

 

 

どういう事かというと、

「他の販売者さんが古い手法を販売している」

と、私が言っていると思われてしまったんですよ。

 

 

違いますよー。

 

私が言っている事は、

「教材で書かれている事って、必要最低限のレベル」

って事ですよー。

 

「このレベルを下回ると100%結果が出ないレベル」

って言いたかったんですよー。

 

 

どんな教材でも、

初心者の方向けで作っていますので、

ギリギリ最低限のところが書かれてます。

出来るだけ挫折しにくい、

でもちゃんと結果が出る最低限って事です。

 

だから、本当に早く確実に、

大きな成果を出す人は、もっとやるって事。

 

文字数で言うと、3000文字とか、5000文字とか、

一万文字でも書くって事です。

 

 

各種アドセンスの王道教材を

否定してるわけでは無いですからねー。

 

 

P.P.S.

 

 

あっ。今日って私の父の誕生日でした。

 

昭和22年2月22日って・・・

その生年月日からして、

濃いキャラって事は分かりますよね。笑

 

私とは真逆なんですよ。

 

 

キレられても嫌だから、

メールだけでも送っとこう。

 

コメントは4件です

  1. masa より:

    こんばんわ、masaです。
    記事は文字数が多い方が
    成果が上がりやすいのですか?
    読む側は結構疲れて
    読むのやめたりしませんか?

    • 草薙悠 より:

      masa様

      一概に多ければ良いというわけではなく、
      バランスも重要です。

      ただ、1000文字は最低限ですね。

  2. まごめっち より:

    こんにちは。初めまして。
    ブログランキングから来ました。
    トレンド系ではなく、時事ニュースがお勧めなのですね、
    わかりました。ありがとうございます!

    • 草薙悠 より:

      まごめっち様

      コメント有難うございます。

      「トレンドをするなら」ですけどね。
      私自身は、そもそもトレンド自体は勧めていません。
      どうしても単発になりやすいので。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー