アフィリエイトで95%の人が稼げない本当の理由!理屈と再現性は違うから。

目安時間:約 7分

 

 

実は今日の記事は予約投稿してます。

 

 

というのも実は今日は、

千葉の某ネズミの国に来てるんですよね。

 

「またかいっ!」ってツッコミは聞きません。笑

 

 

いやほんと、毎月1回は来てるなら

年パス買った方が安いんじゃないかなー、

なんて、ようやく思い始めました。

 

みのごりさんからは

「舞浜に住んだら?」

なんて言われてますし。

 

 

・・・部屋、実は探してます。笑・・・

 

 

だからすいません。

今日は予約投稿しておきました。

 

 

そこまでしてナゼ今日投稿したのかというと、

昨日の答え合わせです。

 

昨日ご紹介したこれ→無料レポートダウンロード

 

ブログを1年間放置し続けて、

でもアクセスが下がらなかった仕組みの答えですね。

 

 

ダウンロードして読まれた方、分かりましたか?

引っ張ってもしょうがないのでズバリ言いますね。

 

『年間のイベント記事、12か月分を先に投稿しておいた』

です。

 

 

一年分を始めに投稿しておくことで、

一年中いつでも何かが当たる可能性がある。

 

放置して下がりそうでも、

何かが当たったら、また評価は元に戻る。

 

 

どのアドセンス系の教材でも、

「一年中のイベント記事が溜まったら、ずっと放置してられる」

って言ってますよね。

 

でも普通に自分一人で記事を書き続けていたら、

この仕組みが出来上がるまでに一年近くもかかってしまいます。

 

しかもその間に、いつでも検索される、

いわゆるロングテール系の記事も書かないといけない。

 

 

心、絶対に折れますよ。笑

 

 

でも外注化してたら一年もかからず、

一気に一年中のキーワードを集めて記事を書いてもらって、

それを投稿することができます。

 

 

ほら。楽でしょ。笑

 

ロングレンジ系の記事は

体験系を入れてけば完璧ですし。

 

 

今回の実験では、アドセンス系の各種教材が言っている、

「ブログは資産になる」

「アドセンスブログは放置できる」

といった謳い文句は間違ってないって事を証明できました。

 

 

ただ・・・

 

 

確かに謳い文句の通りに、

その仕組みを作る方法自体は正しいですよ。

 

 

でもその仕組みの作り方って、

どれだけの人が再現できるんでしょうか。

 

私は95%の人は無理なんじゃないかなと思ってます。

だってネットビジネス業界って、

95%の人は5千円も稼げてないって言うじゃないですか。

 

たとえ正しくても、95%の人が無理なら意味ないですよね。

しかも今まで誰も証明してないですし

 

 

自分一人でかける記事数なんて限界があります。

しかも初心者の方だと、一つの記事を書くのに

5時間も6時間もかかってしまいます。

 

 

イベント記事を1ヶ月10記事投稿するとしたら、

12ヶ月で120記事です。

 

『10記事 × 12ヶ月 = 120記事』

 

 

そして1記事6時間かかるとしたら720時間。

 

『120記事 × 6時間 =720時間』

 

 

そりゃ95%の人が挫折しますよねー。。。

 

 

でも外注さんに書いてもらったら、

そんな時間は必要なくなります。

 

「年末年始は稼ぎどき!急いで記事投稿しないと!」

なんて事も、先に1年分の記事を投稿しとけば

焦る事もないですし。

 

 

やっぱり再現ができるノウハウって大切ですよね。

 

 

そんな超王道の仕組みの作り方、

でもFAAPでしか再現できない手抜きで作ったブログ。

 

完全放置し続けた1年間の推移、

もう一度しっかりと読んでみてくださいね。

→無料レポートダウンロードリンク

 

 

P.S.

 

 

ちなみにダウンロードしてくれたら

泣いて喜びます。泣

 

なぜかというと、メルぞうの新着ランキングで

もう少し順位を上げたいからです。

 

 

どうしてかって?

メルマガ読者さんを増やしたいから。

 

メルぞうではレポートがダウンロードされたら、

その分メルマガの読者さんが増えます。

 

だからみんな無料レポートを

どんどん書いてるんですね。

 

私は無料レポートの作成が苦手なんで、

ほとんど作ってないですけど。笑

 

 

ちなみにこのメールを書いてる昨日の段階では、

新着ランキングは9位でした。

 

今日はもう少し上がってると嬉しいなー。笑

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー