絶対禁止!アフィリエイトのライター外注化で直接契約厳禁の理由

目安時間:約 11分
9e78ff000e555d9330e5cd6b2286e6d1_s

初めて・・・

 

 

 

 

 

外注さんから、直接契約の誘いがありました。

 

 

 

 

 

いや、あかんって。。。

 

 

 

 

 

外注化を始めてから、もう2年近く経ちますが、

実はこんな事は初めてです。

 

 

 

どうしたかって?

 

当然、断りましたよ ^^;

 

 

 

いま私が外注さん集めで

メインにしているサイトは、クラウドワークス。

 

 

契約前は、メールやスカイプなどでの

やり取りは当然禁止されていますが、

契約後には、OKになります。

 

 

 

たぶん、潜在的にはたくさんいるんでしょうね~

直接契約している人って。

 

 

 

でもこれ、凄いリスクがあるって、

気づかずにやってしまってる人も多いはず。

 

後でとんでもないしっぺ返しが必ず起こります。

 

 

 

 

直接契約のリスクやデメリット

 

 

 

 

私が契約している外注さん、

いまはクラウドワークスが100%。

 

 

以前は他にも複数、使いまわしていました。

 

 

 

 

で。

 

 

 

 

当然ですが、その全てのサイト・サービスの規約で、

直接契約は禁止されています。

 

 

 

私はこれって、当たり前の事だと思っていたんですね。

 

 

でも、その辺の感覚がない人って、

意外と多いみたいなんです。

 

 

 

私が本業で働いている業界は、

アパレル業界。

(製造業なんで、まったく華やかじゃないですよ!)

 

 

アパレル業界って、一つの洋服を作るのに、

色々な会社が間に入っています。

 

 

ユニク〇のようなアパレル会社(A社とします)が企画して、

B社が生産の依頼を受けて、

B社がC工場に依頼をして、C工場が作って、

B社が仕入れて、

A社に納品して・・・

 

 

といったような流れが一般的。(一番シンプルな形です)

 

 

「A社が、自分で海外の工場に依頼をしたら、

もっと安く出来るんじゃないの?」

 

「そしたら、B社が取ってる手数料分は、

洋服が安くなるんじゃないの?」

 

 

 

はい。その通りです。

 

 

でもそれは、ビジネスルール・マナーとして

やってはいけない事ですよね?

 

だってもともと、C工場は、

B社が紹介しているんですから。

 

 

もしそんな事を一度でもしたら、

B社がA社に訴訟を起こすかもしれません。

 

 

そこまでいかなくても、同業他社に、

すぐに噂は広がります。

 

 

「A社の仕事をすると、ルール違反をされるからやめよう!」

 

ってなってしまう可能性が有ります。

 

 

C工場にも悪評が出てしまいますよね。

 

「C工場は、自社の利益だけ大切で、ビジネスルールを守らない」

 

 

一度悪評が出てしまうと、

誰も信用してくれなくなってしまって、

依頼をもらえなくなると・・・

 

 

会社が倒産する恐れも出てきてしまいます。

 

 

 

例がちょっと分かりにくかったかもしれませんので、

話を元に戻しましょう。

 

 

 

 

先ほどの例でいうと、

 

 

 

発注者(私=ユニク○)

クラウドワークス(B社)

外注ライターさん(C工場)

 

 

となります。

 

 

 

クラウドワークスは、

手数料だけで運営されています。

 

だから、直接契約されたら、

会社が運営できなくなってしまいます。

 

 

大きな金額で仕事を依頼している人の場合や、

お金に困っているライターさんの場合、

 

「手数料を少しでもケチりたい!」

 

 

なんて誘惑に惑わされてしまう事は分かります。

 

 

 

でも、絶対にやってはいけない事です。

 

 

「これをやってしまって、

サービス自体が無くなってしまうと、困るのは自分。」

 

 

なんてキレイ事は言いません。

 

 

もっと身近で、シビアな問題を言うと、

 

「これをやってしまって、

もしクラウドワークスにバレてしまったら?」

 

 

アカウント停止の可能性もありますが、

最悪の場合、損害賠償請求の訴訟を

起こされてしまうかもしれません。

 

 

 

個人レベルで、

上場までしている大きな会社から訴訟を起こされたら、

ひとたまりもないですよ。。。

 

 

 

他にも、小さなデメリットとして、

 

  • 記事代を先払いで逃げられる
  • コピペ記事が納品されてきた時に代金でもめる

 

といった可能性も非常に高いです。

 

 

 

たかだか数十円、多くても百円をケチったがために、

数十万、数百万円も支払う事になったら、

目も当てられません。

 

 

 

百害あって、一利なし!

 

外注さんとの直接契約は、絶対にやめておきましょう!

 

 

 

 

直接契約を求められた時の対応方法

 

 

 

 

ちなみに今回、私がとった行動は・・・

2016-07-0719.27.24

 

 

 

丁寧ですねー!ちゃんと説明しています。

 

 

で、それに対してこんな返答をもらったんですが・・・

2016-07-0719.27.47

 

 

 

 

言い訳がましかったので、

ブロックしておきました。

 

 

常識を分かっていない人と契約してしまったら、

今後、どんなトラブルが起こるか分かりませんから。。。

 

 

 

で、その後はクラウドワークスに軽く報告。

 

もし契約をして、トラブルに巻き込まれるのも困りますし。

 

 

後でクラウドワークスでチェックされて、

濡れ衣を被せられても困りますからね。

 

 

ちなみに、クラウドワークスからの返答はこれです。

2016-07-0719.31.07

 

 

 

悪質じゃない場合には、

利用制限くらいで終わるみたいですね。

 

たぶん今回のケースなら、

注意くらいで終わるんでしょう。

 

 

 

もう一度言いますが、

もし、外注さんから直接契約を求められても、

絶対にやめてください。

 

 

リスクやデメリットしかありませんから^^;

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー