今さら聞けない「共起語」とは?ブログで稼ぐために大切なこと

目安時間:約 12分

 

この前のメルマガで公開した動画ですが、

想像以上にたくさんの方々から感想をいただきました。

 

Nさん

本日の「イベント記事の書き方」メルマガと動画、拝見しました。

僕も以前は自分で記事を書いていたのですが、なるほど!と思わされました。

外注化までこぎつけたとき、さっそく参考にさせていただきます!

 

 

Tさん

 

動画は分かりやすくてよかったです。

これからも動画でとっていただけると嬉しいです。

25分があっという間でした。

 

 

Mさん

 

本日のメルマガを拝見させていただき、「へぇー!!」の連続でした。

ああいった手法があるのですね。勉強になりました。

 

 

でもあの内容って、表現方法は違えども、

一般的なアドセンス教材や塾なんかでは、

必ず教えてる事なんですけどね。笑

私の教材にももちろん書いてますし。

 

 

で、頂いた質問の中に、こんな内容もありました。

 

 

Mさん

 

少しお尋ねしたいことがあってメールさせて頂きました。

最終的に花火大会に関するキーワードがあの数だけまとまりましたが、

あのキーワードを<h2>見出しや<h3>見出しで使ったりする他に

文章の中にもうまいこと混ぜこんで使う、といった形も有効でしょうか?

 

あと、動画でもあったような<h3>見出しをたくさん使っているブログをよく目にしますが

(小刻みに<h3>使っているのに説明している文章は少なめ、みたいな…)

<h3>見出しはできるだけ使った方がいいんでしょうか?

私はどちらかというと<h2>と文章のみ、というパターンが多いので…。1800~2000字くらいでまとめてます。

 

見た目の見やすさはもちろんですが、

<h3>を増やした方がいいのかなと少し気になりまして。

 

 

私のメルマガ読者さんにしては珍しく、

テクニック的な質問して来ましたねー。笑

 

珍しくマジメにテクニック的な事を話しますね。

 

 

「キーワードを文章の中にもうまいこと混ぜこんで使う、といった形も有効か?」

 

答え:有効というか、必須です。

 

 

「共起語」って言葉、聞いたことがある人もいると思います。

簡単に説明をすると「メインキーワードと関係している単語」ですね。

 

 

例えば今回の例で使ったメインキーワード「足利花火大会」、

関係している単語は色々とあります。

 

「花火大会」で見て見ると、

「見どころ」「穴場」とか「混雑」といったありきたりなものや、

「花火玉」とか「浴衣」とか。

 

もう少しひねったところで言うと、

「りんご飴」や「うちわ」だったり「蚊」とかも、

関連していると考えられます。

 

 

こういったメインキーワードから連想できる、

関連した単語の事を「共起語」と言います。

 

検索エンジンは一つの記事の中に、

  • どんな「共起語」が入っているのか?
  • それぞれ何個ぐらい入っているのか?

をチェックしています。

 

そして

「どのような内容が書かれている記事なのか?」

という事を判断しています。

 

 

「メインキーワードに関連している単語が多い方が、

検索エンジン側としてもどのような記事なのか判断しやすい」

「評価が上がりやすい」

 

という事でもありますので、

ご紹介した動画で集めたような「共起語」は

しっかりと記事の中にも入っている方が、

評価も上がりやすいという事ですね。

 

 

そして中見出しに使っている「h2」「h3」タグに関しての質問ですが、

こちらも必要な数だけ使うようにしましょう。

 

h2、h3タグ内で使われている単語は、

「記事内容に関連している → 優先的にチェック」されます。

なので共起語も使用した方が良いと言われています。

 

 

 

・・・と、色々と難しい事をお話ししましたが・・・

 

 

こんな小難しい事を考えて記事を書くなんて、

めんどくさくないですか?笑

 

ぶっちゃけ、考えなくて良いですよ。

 

普通に記事を書いていけば、

関連している単語(共起語)は自然に入りますから。

 

 

少し意識することと言えば、

「小学生でも理解できるような文章を書くこと」

くらいでしょうか。

 

「あれ」とか「こんな感じ」といった曖昧な表現をしないで、

ちゃんと主語を入れて説明するってことですね。

 

主語もしっかりと一つ一つ丁寧に説明することで

自然と色々な単語が入りやすくなるからです。

 

 

今日お話ししたようなテクニックに振り回されてしまって、

作業がなかなか進まないと、挫折してしまいます。

 

そんな事になるなら、まずはどんどん記事を書く。投稿する。

そして結果を出しましょう。

絶対にその方が良いですよ。

 

 

もし気になるなら、稼いでから勉強すれば良いんですから、

気楽にやった方が良いですよ。

 

だって稼げてないのに色々な事を考えすぎても、

時間がもったいないですから。

 

わたしも結果が出てから学びましたし。

学んだというよりも、自然と身についたって感じでしょうか。

 

 

なぜ自然と身についたのかというと、

やっぱりメルマガですね。

 

 

メルマガを始めると、色々な質問が来ます。

で、もちろんその全ての質問に、明確に答えなければいけません。

 

今でこそ悩む事なく、

自分の言葉にして答えられるようになりましたが、

やっぱりはじめの半年ほどは、答えられない事もありました。

 

 

今まで自分ではなんとなーくやってた事でも、

人に理解してもらえるように言葉にするって難しいものなんですよ。

 

言葉にしようと思っても、

実は意外とよく分からずにやってた事も、やっぱりたくさんありました。

 

 

だからしっかりと勉強します。

場合によっては知り合いのアフィリエイターさんに質問しまくったり。

 

そして自分でも実践するので、

自然と知識やスキルが身についていきますし、

さらに稼ぎも増えていきます。

 

 

でもこれは、稼ぎが安定しているから出来る事。

やっぱり金銭的な余裕がないと、焦ってしまって身につきませんから。

 

 

このような理由から、私はいつも言っているのが、

「まずは少しでも良いので、稼げるようになりましょう。」

なんですよ。

 

で、少しでも稼げるようになったら、

迷わずメルマガを始めましょう。

メルマガを始めるだけで、自然と報酬が増えていくんですから。

 

 

って事で結論は、

『動画の通りにやりましょうね!』

 

 

 

P.S.

 

 

私から7MCに入った方々も、

どんどん仕組みを完成させていってます。

 

ステップメールの設置とか、

プレゼントや特典配布とかの設置が終わったら、

またご紹介しますね。

 

実践記を書いてる人も多いので、

参考になると思いますよー。

 

 

ちなみにまた通信でお知らせしますけど、

購入者さんにはお伝えしている「楽して稼ぐあの方法」ですが、

実践記を使って、もうバンバン結果出してる人もいます。

 

で、その人たちを見てみると、

やっぱり前から実践記ブログを書いてる人ばかり。

 

聞いてみたら、実践記ブログには

まだアクセスが20PVほどしかないにも関わらず、

数万稼いでる人もいます。

 

やっぱりアレ、ほんとに楽して稼げますから、

今すぐにでもやらなきゃ損ですよー。

 

 

P.P.S.

 

 

一応・・・前回公開した動画、コレです。

<iframe src=”https://www.youtube.com/embed/bZN-bSf3IVk?rel=0&amp;controls=0″ width=”560″ height=”315″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”></iframe>

 

 

 

コメントは3件です

  1. ほづん より:

    こんにちは
    アフィリエイトでは、キーワードだけではなく、共起語?も必要なんですね。
    勉強になります。

    • 草薙悠 より:

      ほづん様
      コメントありがとうございます。

      記事でもお話ししていますが、共起語はなかなか意図してできるものではありません。
      自然に書いていくことの方が大切ですよ。

  2. ミラ より:

    はじめまして。
    ランキングからきましたミラです。
    記事を書くときに、キーワードやら構成やらあれこれ考えすぎると、手が止まってしまって、1記事書くのに膨大な時間がかかってしまいますね。
    とにかく結果が出るまで、立ち止まらず、どんどん投稿していきます!
    また訪問します!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
カテゴリー