ブログ記事の外注ライタートラブル!途中で契約終了する時の対処法

目安時間:約 10分
79616ee813ca860d6aa3f401bd0978e9_s

ブログの外注化、進めてますか?

 

順調に投げっぱなしに出来る環境が出来つつあるなら、

そのまま頑張ってくださいね^^

 

 

もし何か困ったことがあったら、

遠慮なくご連絡ください。

 

 

 

では今日は、メルマガ読者さんから頂いた相談事を一つ、

御紹介したいと思います。

 

 

「外注さんが、途中で辞めたいって言ってきて困ってます!」

 

 

はい。

 

よくある事なので、終了しちゃいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

本当に、追わなくて良いですよ。

 

というか、むしろさっさと切っってしまいましょう!

 

 

 

実は外注さんって、

「途中で終わりたいんですけど。。。」

って人、けっこう多いんです。

 

 

「自分で申し込んできて、それはないでしょ!」

「全力で頑張るって言ってたのに。。。」

 

なんて思っていても、キリが有りませんので、

ここはさっさとスルー、契約解除をしてしまいましょう。

 

 

辞めたいって言ってる人を引き留めていても、

何も良いことはありません。

 

 

 

もし、無理に引き留めて、

今の契約終了までやってもらったとしても、

たぶん、なにかしらのトラブルが起こります。

 

 

コピペ記事を納品してくるかもしれません。

 

著作権を気にせず、他のサイトの画像を

そのまま送ってくるかもしれません。

 

 

 

やっぱり、やる気の無い人との縁は

サッサと切るべきです。

 

 

「実際に作業をしてみたら、思っていたよりもしんどかった」

「時間がかかった」

 

って事なんだと思います。

 

 

 

こればっかりは、やっぱりセンス。

 

 

だってあなた自身も、記事を書くスピードが遅くて、

外注さんに依頼してるんじゃないんですか?

 

ライティングが苦手だから、

人にお願いしてるんじゃないんですか??

 

手を抜きたくて、

記事を書いてもらってるんですよね?

 

 

私は、記事を書くのがめんどくさいから、

外注さんに依頼してます(笑)

 

 

 

みんな、ボランティアでやってるわけじゃありません。

 

外注ライターさんの場合、多くの人が、

 

「働きに出たくても、何かしらの理由があって在宅しなければいけない」

「本当に少しでも良いから、お金が欲しい」

 

こんな人がほとんどです。

 

 

だから、特に私たちのように、激安価格で契約している場合、

途中で辞めたいって人が出てくる事は、避けられないんです。

 

 

 

 

契約の途中終了で1番多い理由は・・・

 

 

 

 

途中で契約終了のダントツナンバーワンは!

 

 

「連絡無しでフェードアウト!」

 

 

です。

 

 

たぶん、途中終了の80%は、

フェードアウトなんじゃないでしょうか。

 

 

 

そして残りの20%は、

「家庭の事情」。

 

 

 

私もつい最近、こんな連絡を貰いました。

 

 

「案件のご依頼、お引き受けしておきながら、

家庭の事情で、急きょ、ライテングの時間が持てなくなりました。

 

まことに勝手ながら、今回のご依頼、お断りせざる負えません。

 

大変ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

またの折には、よろしくお願いいたします。」

 

 

 

この「またの折りには」は、100%ありません(笑)

 

 

 

でも、まだこの方の場合、

連絡を頂いているだけマシ。

 

 

さきほどお話したように、

ほとんどの方は、連絡すらしてきません。

 

 

 

だから、凹む必要は全くなし!

 

なんですね。

 

 

 

 

私も、外注化を始めたばかりの頃は、

しょっちゅう凹んでました。

 

 

「また辞めたいって・・・」

「この人なんか、もう数週間も連絡くれないよ・・・」

 

 

 

こんな人には、

 

「いったん取り下げますね〜」

「また始められそうだったら、連絡くださいね〜」

 

と、冷徹にさっさと処理してしまう事。

 

 

これが、ストレスを溜めない為の最大の方法です。

 

 

 

 

途中で契約終了した時の支払いは・・・?

 

 

 

 

途中で契約終了した時の心配事は、

 

  • 次の外注さんがすぐに見つかるか不安
  • 今まで書いてもらった記事分の費用をどうしたら良い?

 

この2点だと思います。

 

 

まず、次の外注さんが見つかるかどうか?という事は

心配しなくて大丈夫でしょう。

 

安すぎる単価で募集した場合は別として、

普通(より少し安いくらい)の単価なら、

すぐに応募がやってくるはず。

 

 

気にせずどんどん、ガンガン募集していきましょう!

 

 

 

じゃあもう一つの心配事、

「今まで書いてもらった記事代はどうするか?」

 

 

これに関しては、募集要項に書いておけば、

確実に、後のトラブルには発展しません。

 

 

 

募集要項は、契約書と同じです。

 

 

「ライターさんの都合で、途中契約終了した場合には、

それまでの作業台はお支払い致しませんので、御了承願います」

 

とでも記載しておけば大丈夫。

 

 

もし「支払って欲しい」と言ってきたとしても、

この文言の事を言えば、あなたが支払う義務はありません。

 

 

 

私の場合ですか?

 

 

 

私も、基本的には支払いません。

 

8割くらい納品して貰っている場合や、

それなりに良い記事を納品してもらっていた場合に限り、

たま〜に支払ったりしています。

 

 

まあ、フェードアウトがほとんどなので、

途中契約終了で支払うって事自体、

ほとんど無いんですけどね^^;

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
当ブログについて
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー